Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【蛮神戦】真ガルーダ討滅戦
2014年1月1日 22:59
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★真ガルーダ討滅戦
ガルーダ

真ガルーダ討滅戦です。ガルーダにはスタンや沈黙は効きませんが、シャドウフレアのスロウやミアズマの病気が効きます。

●参加する前に・・・

真ガルーダに参加する装備としては、武器は最低でもイフ武器(IL60)を用意しておけばOKで、防具は左側ほぼIL70(DLあるいはクラフター産の新式装備)、右側はIL49アクセサリ程度で大丈夫です。

真ガルーダ戦は弱ガルーダ戦とは一部スキルの仕様が同じなだけでほとんど別ゲーです。
以下では、真ガルーダ攻略のポイントを紹介します。

●エリアルブラスト前

エリアルブラストまでは弱ガルーダ戦とガルーダの出現位置のパターンが変わっていますが、基本は同じです。ガルーダの出現位置にはパターンがありますが、PTの火力次第でパターンが1つ飛んだりするので、出現位置を覚えるよりもワープを見て対応する方が確実です。

エリアルブラストの最中にメインタンクが移動するようなら、メインタンク以外のメンバーはメインタンクについて行くようにしましょう(メインタンクは大抵南に向かいます)。

●大旋風

エリアルブラストを越えると、ガルーダがメッセージとともに緑の竜巻(大旋風)を発生させます。
メッセージ

緑の竜巻に触れると2000以上のダメージ+ノックバックを受けるので、運が悪いと竜巻にピンポンされて死にます。竜巻に触れてから1秒経過くらいでダメージ判定が来るので、入ってすぐ出ればダメージはありませんが、竜巻は現れたり消えたりを繰り返すので、もし取り残されてしまった場合は落ち着いて竜巻が消えたタイミングで移動しましょう。

大旋風は固定の場所に出現し続けるパターン(固定竜巻)と、直列の竜巻が時計回りに回転しながら移動するパターン(移動竜巻)の2パターンあります。

固定竜巻はエリア中央、北、南西、南東の4箇所に発生します。
固定竜巻

ゲーム画面だとこんな感じの形です(岩が積まれているのが北)。
固定竜巻

移動竜巻は直列に発生し、外周の2つの竜巻が時計回りに回転します。
移動竜巻

ゲーム画面だとこんな感じ。
移動竜巻

移動竜巻中にガルーダの羽根が出現しますが、この時、1体だけ紫色の羽根が出現します。
シルキープルーム

紫色の羽根は放っておくと範囲スリプルを使用してくるので、沸いたら即抹殺です。緑色の羽根はダメージ200程度の自爆をするだけなので、無視してガルーダを削った方が良いです。

固定竜巻中は安全地帯で戦うだけですが、移動竜巻中は紫色の羽根を処理しながらメインタンクの移動に合わせて移動する必要があります。竜巻が止むタイミングでメインタンクが大きく移動する場合があるので、置いていかれないように気を付けましょう。

●アイ・オブ・ストーム
アイ・オブ・ストーム

弱ガルーダの場合はエリアルブラストの後はずっとアイ・オブ・ストーム状態でしたが、真ガルーダの場合は大旋風モードとアイ・オブ・ストームモードが交互にきます。

エリアルブラスト→固定竜巻→移動竜巻→アイ・オブ・ストーム→移動竜巻→固定竜巻→移動竜巻→アイ・オブ・ストーム→移動竜巻→固定竜巻→移動竜巻→アイ・オブ・ストーム→以下繰り返しというパターンです。

●スパルナ・チラーダ(通称スパチラ)
固定竜巻とアイ・オブ・ストームのフェーズでは、ガルーダの分身、スパルナとチラーダ(通称スパチラ)が出現します。
スパチラ

スパチラが出現すると、ガルーダにダメージ上昇と徐々にHP回復のバフがかかります。
アイコン

スパチラはガルーダと緑色の実線、または赤色の破線で繋がっていて、緑の方を倒すとリジェネを解除することができ、赤を倒すとダメージ上昇を解除することができます。スパルナとチラーダのどっちがどの色で繋がるかは固定ではないので、線の色を見て判断する必要があります。

このリジェネ効果は強力なので、緑の処理に時間がかかると一向にガルーダとの戦闘が終わらない無限ループ状態に突入してしまいます。このため、まずは緑線を片付けるのが一般的です。攻撃スキルはスパチラ処理の時に使えるようにしておいて、レベル1でもいいのでリミットブレイクが使えたら緑にすぐ使うのが良いです。

真ガルーダ戦で全滅するのはこのスパチラ処理の時がほとんどです。全員HPフルの状態からあっという間に全滅したりするのが真ガルの怖いところです。以下ではスパチラ処理で全滅しないために気を付けることを紹介します。

●立ち位置(固定竜巻時)
メインタンクがガルーダを、サブタンクが赤線を、他が緑線を持つのが基本です。立ち位置はガルーダ中心範囲攻撃のウィケッドホイールが複数当たらないようにすることを意識します。

固定竜巻の時はガルーダが南にワープして分身を呼び出します。
分身は北にある岩を挟む形で北東と北西に出現します。
出現位置

出現したスパチラは赤線をサブタンクが、緑線をタンク以外が取ってこんな感じで三角に位置取りします。
立ち位置

メインタンク側からの視点だとこんな感じ。
立ち位置

外周上にメインタンクとタンク以外が来て、エリア中央の竜巻に近い位置にサブタンクです。これには2つ理由があります。ダメージ上昇のバフがかかっているガルーダ本体に近いほど危険なので、ガルーダに近い方を後回しにするのが1つ。もう1つはタンク以外が持っている緑線はヘイトが不安定なので、エリア中央を緑線にしてしまうと安全地帯の真ん中にダウンバーストやスリップストリームを撃たれて崩れる可能性があるためです。

上手く位置取りすると、すべてのウィケッドホイールを回避できるポイントが生まれますが、怪しい配置になった時は、タンク以外は全員外周の片側に寄って1発しかもらわない位置に集まった方が安全です。

スパチラは消滅までに一度だけスリップストリームを使用するので、スリップストリームが来たら背後に回って避けましょう。

●立ち位置(アイ・オブ・ストーム時)
アイ・オブ・ストームの時もガルーダは南にワープして分身を呼び出します。
分身は東西に出現します。

アイ・オブ・ストームの時はこんな感じでそれぞれの出現位置に近い外周上に三角に位置取りすれば大丈夫です。
立ち位置

固定竜巻の時よりも動けるエリアが広いので、ここはそんなに難しくないです。

1点注意が必要なのは、南にワープしたガルーダは最初にスリップストリームを撃ってくるので、メインタンクの位置取りが終わるまでガルーダの視界には入らないように気を付けましょう。ダメージ上昇したガルーダのスリップストリームを受けると、タンク以外は3000~4000ダメージ+スタンになるので即死、もしくはスタン中に追撃が入って死にます。南ルートの固定竜巻の時は初期配置の関係でメインタンク以外は特に意識しなくてもまず当たりませんが、他のルートやアイ・オブ・ストームの時はしっかりガルーダの前方が危険であることを意識しないと巻き込まれる可能性があります。

●ミストラルシュリーク
スパチラ殲滅の猶予は出現から45秒です。出現から45秒が経過すると、緑線と赤線が消えて生き残ったスパチラがエリア中央に移動してミストラルシュリークの詠唱を開始します。
ミストラルシュリーク

スパチラのHPが残り僅かなら詠唱完了までに倒すことで阻止できますが、詠唱中に倒せる状態ではない場合、対処法は1つしかありません。ノックバック効果のある白魔道士のアクアオーラのようなスキルでスパチラをぶっ飛ばしてミストラルシュリークの効果範囲外に逃げる方法です。

アクアオーラでぶっ飛ばして・・・全員逃げろー!!
ミストラルシュリーク

ミストラルシュリーク発動。逃げ遅れたサブタンクだけ当たっているのがわかります。
ミストラルシュリーク

ミストラルシュリーク後、スパチラは消滅します。

固定竜巻の時の視点だとこんな感じ。
スパチラが中央に移動!
ミストラルシュリーク

アクアオーラをやるしか・・・!
ミストラルシュリーク

逃げろー!!
ミストラルシュリーク

ミストラルシュリークはエリア中央で撃たれるとマップ全域が範囲になるので避けられません。ダメージはタンクで1700~1800程度、タンク以外だと2700~2800程度のダメージになるので、食らってしまうとまず壊滅します。

こんな感じでダブルミストラル状態になるとほぼ詰みです。
ミストラルシュリーク

アクアオーラで飛ばして逃げるのはなかなか楽しい行為なのですが、基本的にはやる必要がないように45秒以内に殲滅するのが基本です。DPSが何名か死んでいると赤線だけ残ってしまう場合があるので、そういう時に対処が必要になります。


タンク以外で参加する場合は以上の点だけ押さえて攻撃なり回復なりすればいいだけですが、タンクで参加する場合はコチラの記事の内容が追加になります。

●宝箱

真ガルーダ戦をクリアすると、IL70の武器(通称ガル武器)が入った宝箱が1つ出ます。


真ガルーダ戦はタンク以外はポイントがわかれば弱ガルーダより簡単な気がします。
関連記事
コメント投稿
*
*