Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【蛮神戦】真イフリート討滅戦
2014年1月1日 00:48
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★真イフリート討滅戦
イフリート

真イフリート討滅戦です。
弱イフリート同様、相変わらずスタンは効きます。

●参加する前に・・・

真イフリートに挑む装備としては、武器とステータス欄の左側防具をクラフター産のIL55装備、右側をクラフター産のIL49アクセサリくらいあれば大丈夫です。不安なら哲学集めてDL装備をいくつか入手すれば良いと思います。


真イフリート戦は弱イフリート戦と基本は同じです。ただ、いくつか真になって追加されている要素があります。以下では弱イフリートとの違いを主に紹介します。

●戦闘開始時

レベル50以降のコンテンツ全般に言えることなのですが、戦闘開始時は全員ボスのヘイトをしっかり見て行動しないと危ないです。メインタンクとDPSのアイテムレベルの差が大きい場合などは特に注意が必要で、メインタンクのヘイトを追い抜かないように序盤はしっかりヘイトゲージを見ましょう。うっかりヘイト1位になってしまったら攻撃をやめましょう。

真イフリート戦の全滅理由として2番目に多いのが、戦闘開始時に遠隔DPSがヘイト1位になってしかも攻撃をやめないというパターンです。イフリートは通常攻撃が前方範囲攻撃なので、メインタンクと遠隔DPSの間を行ったり来たりする状態になると通常攻撃とインシネレートの範囲で雪崩式にPTが壊滅します。

●光輝の円柱

いわゆるサラミです。弱イフリート戦と同じく、範囲が表示された時の立ち位置が悪いと範囲見てから走っても避けられません。真イフリート戦では、地獄の火炎までは弱イフリート戦と同じく、外周サラミと中央サラミの2パターンの繰り返しです。
外サラミ
内サラミ

地獄の火炎の後からは新たにイフリート周辺以外全体範囲のパターンが追加されます。
全体サラミ

光輝の円柱は立ち位置が悪いと見てから避けられないので、パターンを覚えておくのが一番手っ取り早く対応できる方法です。地獄の火炎前は外周→中央の繰り返し、地獄の火炎後は外周→中央→全体の繰り返しになります。この場合は次のパターンの時に避けられる位置にいればいいだけです。

パターンを覚える方法以外に、どのパターンが来ても避けられる位置で戦うという方法も有効です。

地獄の火炎前はマップ中央にさえいなければどのパターンでも見てから避けられます。地獄の火炎後はイフリートに近接オートアタックが届く程度の距離にいればどのパターンでも見てから避けられます。近接職が光輝の円柱に当たることがあまりないのはこれが理由です。

●エラプション

地面がひび割れて爆発するエラプション。
エラプション

サブタンクの仕事はこのエラプションをスタンで止めることです。
サブタンク以外のスタンスキル使用はNGです。

ver2.1で耐性の仕様が変わるまではエラプションをサブタンクがスタンで完封するというのが真イフリート戦のセオリーでした。以前の仕様だと地獄の火炎前に一度だけレジストされる場合がある程度でしたが、現在の真イフリート戦ではどうやっても完封不可能になっています。

地獄の火炎前はランダムな1人に1発だけのエラプションと、ランダムな1人に3連続でエラプションの2パターンやってきますが、地獄の火炎の後はランダムな3人を対象にした3連エラプションのみになります。
3連エラプション

エラプションは当たると1500程度のダメージなので、当たっても即死はしません。

エラプションのターゲットになったらできるだけ他の人を巻き込まないように避けることが大事です。メインタンクや近接職が集まっているイフリート周辺を安全地帯として残して、イフリート周辺以外のスペースを使って避けるのが一番良いです。

他の2人のエラプションで進行方向が塞がれていたり、他の人を追いかける形になってしまった場合などは1発食らいながら方向転換したり、立ち止まって1発食らってから次のエラプションで移動した方がトータルの被害は少ないこともあります。

1発くらい当たっても死にはしないので、冷静に全体の被害が少なくなるように動きましょう。

●炎獄の楔

弱イフリートの時は1本だった炎獄の楔が真イフリートでは4本出現します。
炎獄の楔

楔破壊の猶予は出現から45秒以内です。

黒魔道士・召喚士がいればリミットブレイクレベル3のメテオで一気に殲滅という方法が一般的でしたが、ver2.1でリミットブレイクゲージや耐性の仕様が変わったため、現在ではメテオで一掃はできない場合が多くなっています。

楔を破壊するとリミットブレイクゲージが1レベルの半分くらい一気に増えますが、残り1~2本になってからメテオを使うくらいなら、即プチメテオで良いと思います。

プチメテオだと2本まで範囲に入れられます。
リミットブレイク

楔発生後、すぐにリミットブレイクを撃てば最後の1本の時にはゲージが1本以上ある状態になるので、最後の1本にもレベル1リミットブレイクが使えます。

黒魔道士・召喚士がいない場合は単体リミットブレイクを使うのみです。最後の1本にレベル3でも良いし、即レベル2を入れて最後の1本にレベル1でも良いと思います。

弱イフリートや弱タイタンでも同じですが、リミットブレイクだけでなく猛者の撃のような攻撃スキルは炎獄の楔を処理する時に使えるようにしておくと良いです。

全員が攻撃スキルもリミットブレイクも一切使わないとかいう舐めプでもしない限り、ここで詰まることはあんまりないと思います。

●クリムゾンサイクロン(突進)

イフリートが上空に飛び上がったら、クリムゾンサイクロンという突進が来ます。序盤はイフリートが1体だけ出現しますが、地獄の火炎の後は3体出現します。
クリムゾンサイクロン

1体ずつ順番に詠唱を開始し、前方に突っ込んできます。
クリムゾンサイクロン

当たると2000以上のダメージになるので、タンク以外は2Hitすると死にます。ちなみに、イフリートとイフリートの間も安全地帯です。

クリムゾンサイクロンの対処法は簡単で、イフリートが上空に飛び上がったらエリアの外周に立って全体を見渡すことです。エリアの外周にイフリートが出現して前方に突っ込んで来るので、エリア中央はイフリートの出現位置に関係なく危険地帯です。また、カメラの関係でマップ中央にいると全体を見渡しにくいので、外周に行くことでイフリートの位置を確認しやすくする意味もあります。

常に外周に近い位置にいるメインタンクが突進を食らわないのはこれが理由です。メインタンクの視点だとイフリートの出現位置がすぐ把握できるのです。近接職やメインタンクに近い位置に立っていた場合はイフリートが消えたらメインタンクの移動する場所について行くだけでまず避けられます。

イフリートが飛んだら外周に走って位置を確認するだけで避けるのは簡単ですが、万が一反応が遅れたりしてイフリートの姿を捉えた時点で全部避ける自信がなければ、そのまま外周上から動かなければ1発しか食らわないので死にはしません。

わけがわからなくなってしまったら、外周上に立ったまま動かず祈りましょう。


タンク以外で参加する場合は以上の点だけ押さえて攻撃なり回復なりすればいいだけですが、タンクで参加する場合はコチラの記事の内容が追加になります。

●宝箱

真イフリート戦をクリアすると、IL60の武器(通称イフ武器)が入った宝箱が1つ出ます。

現在ではクラフター産のIL70武器も比較的安価になっているので、レベルカンスト後にこれを買っていればイフ武器を装備する機会はないかもしれません。


真イフリート戦はそれほど難易度も高くないので、50回くらいCFで行きましたがクリアできなくて解散ということは一度も経験ないです。メインクエストをクリアした時点の所持金と哲学トークンで出来る範囲で装備を整えたら気軽に参加してOKだと思います。
関連記事
コメント投稿
*
*