Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【蛮神戦】ガルーダ討伐戦
2013年12月31日 19:20
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★ガルーダ討伐戦(Lv44)
ガルーダ

メインクエストで討伐するガルーダ戦です。
ガルーダはタイタン同様、スタンが効きません。

メインクエストで最も難しいのはこのガルーダ戦だと思います。以下はガルーダ戦を安定して突破するためのポイントです。

★参加する前に・・・

レベル45のジョブクエストをクリアして、ジョブスキルや胴以外のAF装備を取得して来ると楽になります。44から突入できますが、45まで上げてジョブクエストをクリアしてくるのをオススメします。

★アイ・オブ・ストーム前

以下では、ガルーダ戦の序盤にやってくるスキルの対処法や立ち回りです。

●立ち位置
無詠唱の前方範囲攻撃ダウンバースト、詠唱ありの前方範囲攻撃スリップストリームがあるので、タンクはイフリートやタイタンと同様、ガルーダを外周に向けて立ちます。
立ち位置

後述する柱を守る関係上、ガルーダと中央で戦うのは悪手です。
外周付近まで引っ張って戦いましょう。
タンク以外は柱の近くに立たないことが重要です。

●スリップストリーム
前方範囲攻撃のスリップストリームです。スタンの追加効果があります。
スリップストリーム

スリップストリームはガルーダの詠唱を見てから背後に回ると避けることができます。
スリップストリーム

タンクはガルーダのヘイトを維持しながらこのスリップストリームを避けることが主な仕事です。タンク以外はガルーダの前方には立たないように気を付けましょう。

●ウィケッドホイール
ガルーダ中心範囲攻撃のウィケッドホイール。無詠唱なので避けられません。
ウィケッドホイール

近接職以外はガルーダに近づかないようにしましょう。

●ウィンドブレード
ランダムターゲットのウィンドブレード。
ウィンドブレード

ターゲット中心範囲攻撃なので、後衛職は密集しない方が良いです。

●ミストラルソング
ガルーダがワープした後に使用してくるミストラルソング。
ミストラルソング

ガルーダ戦の初見殺しポイントです。この攻撃は柱の影に隠れることで回避できます。当たると2000程度のダメージになるので、HPが少ないと即死です。

●ガルーダの羽根
ガルーダの羽根が舞い散るというメッセージとともに、ブリストリープルームという羽根型の敵が出現します。
ガルーダの羽根

この羽根は、一定時間経過後にフェザーランスという200程度のダメージの自爆技を使用してきます。この羽根はマップ上にある柱を破壊するために出現します。柱の破壊を止めるために素早く羽根を攻撃して倒す必要があります。

アイ・オブ・ストーム前のガルーダの行動にはパターンがあり、基本は以下の順番です。

1. マップ北側にワープしてミストラルソング
2. ミストラルソング後にガルーダの周囲に羽根が出現
3. マップ南側にワープしてミストラルソング
4. ミストラルソング後にガルーダの周囲に羽根が出現
5. 空の覇者なる~というメッセージとともにマップ中央にワープ、外周に羽根が出現
6. その首ッ!その四肢ッ!引き裂いてくれるッ!からエリアルブラスト

火力が極端に低くて長引いた場合に他のパターンが入る場合があるかもしれませんが、覚えておく必要があるのは、ワープ後にミストラルソングというのと、ミストラルソング後にガルーダ周辺から羽根が沸くという2点です。

ミストラルソングの後に沸く羽根は密集して出現するので、ここで範囲攻撃を入れるのがポイントです。
ガルーダの羽根

ホーリーがないと厳しいジョブ構成になる場合もあるので、白魔道士で参加する場合はホーリーを覚えてから来ると良いです。
ガルーダの羽根

羽根のHPは500程度なので、密集しているところに範囲攻撃を入れて各個撃破で十分対応できます。

空の覇者なる~というメッセージの後にワープした時は、ミストラルソングが来ない代わりに羽根が外周に出現します。
空の覇者

この時は羽根が柱の周辺に集まってくるので、基本は各個撃破で集まってきたら範囲攻撃が有効です。

●エリアルブラスト
イフリートの地獄の火炎、タイタンの大地の怒りに相当するガルーダの履行技です。「その首ッ!その四肢ッ!引き裂いてくれるッ!」というメッセージの後に使用してきます。
エリアルブラスト

大体HP50%程度でやってきますが、HPがトリガーではないようで火力のあるPTだとエリアルブラスト時点でガルーダの残りHPが40%程度になっていたりします。

イフリートの場合は楔を壊すこと、タイタンの場合は心核を壊すことが履行技での全滅を回避する条件でしたが、ガルーダの場合はマップ上の柱をできるだけ多く残すことが全滅を回避する条件になります。柱はガルーダの範囲攻撃や羽根の自爆などでダメージが蓄積されることで壊れるので、柱をいかに守るかがアイ・オブ・ストーム前のポイントです。ガルーダの範囲攻撃を巻き込まない立ち位置を意識すれば、あとは羽根をしっかり処理するのみです。

エリアルブラストのダメージは上の画像くらい柱が残っていれば全体900~1000ダメージ程度になるので十分耐えられます。以下の画像くらいになってしまっていると、全体2000程度のダメージになります。
エリアルブラスト

羽根処理が上手くいかない場合は、タンクのリミットブレイクを使用してダメージを抑えて突破するというのが一般的です。

タンクのリミットブレイクを使うタイミングは、エリアルブラスト前の以下のメッセージが表示されたタイミングでOKです。
エリアルブラスト

しっかり羽根処理できるPTなら、タンクのリミットブレイクは特にやる必要ないです。

★アイ・オブ・ストーム後

エリアルブラストの後、「ガルーダがアイ・オブ・ストームを創り出す!」というメッセージとともに、マップの外周が青く表示されます。

アイ・オブ・ストーム

この青い範囲に触れると1700~1800程度のダメージになるので、アイ・オブ・ストーム後はマップ中央の円形範囲内で戦闘する形になります。

●立ち位置
タンクは外周付近に立ち、ガルーダをマップ北側に向けるように固定すると良いです。
立ち位置

外周付近に立つのはガルーダ中心範囲攻撃のウィケッドホイールや、前方範囲攻撃のスリップストリーム、ダウンバーストに他のメンバーを巻き込まないようにして、他のメンバーが動ける範囲を広く確保するためです。

北側に向けるのは、他のメンバーが自然と南側に集まるようにしておくと後述するミストラルシュリークを回避しやすいからです。

南北は地図を見て判断しても良いですし、マップ上のオブジェクトを見て判断しても良いです。岩が積み上げられているのが北です。
マップ北

南には旗があります。
マップ南

前方に旗が見えるように立つのが良い位置取りです。
立ち位置

タンク以外のメンバーはアイ・オブ・ストーム前と同じく、近接職以外はガルーダの近くに寄らないのが基本です。特にガルーダ前方は危険地帯なので絶対にガルーダの前に出ないように。

アイ・オブ・ストーム後、最も重要なのは立ち位置と言っても過言ではないです。

●ミストラルシュリーク
ガルーダがマップ北側にワープすると、ミストラルシュリークの詠唱が開始されます。
ミストラルシュリーク

ミストラルシュリークはガルーダから離れれば回避できます。
大体マップ中央あたりまでが範囲で、円の南側にいれば避けられます。

●ミストラルソング
ガルーダがマップ中央にワープすると、ミストラルソングの詠唱が開始されます。
ミストラルソング

ミストラルソングは前方範囲なのでガルーダの背後に回れば回避できます。

ミストラルシュリークとミストラルソングは2000程度のダメージになるので、HPが少ないと当たれば即死します。ガルーダがマップ中央から消えたら南に移動、マップ中央に現れたら背後に移動でOKです。

アイ・オブ・ストーム後はガルーダの行動が以下のように完全パターンになります。

1. マップ中央にワープしてミストラルソング
2. 外周に羽根が出現
3. マップ北側にワープしてミストラルシュリーク
4. 外周に羽根が出現

この繰り返しです。

アイ・オブ・ストーム後の羽根は自爆して150~200程度のダメージを与えてくるだけなので放置してもそれほど問題ないです。ガルーダの残りHPやヒーラーの残りMPを見て羽根処理するのか羽根放置するのか判断すれば良いと思います。


ガルーダ戦はとにかく練習あるのみです。全員初見の1回目で突破するのは難しいですが、何回か練習すれば制限時間内にクリアできるようになると思います。
関連記事
コメント投稿
*
*