Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【ボス攻略】霧中行軍オーラムヴェイル
2013年11月23日 01:14
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
以下はパッチ2.1以前の内容です。パッチ2.1では、難易度が下方修正されているようです。変更点は確認次第、修正致します。

★マイザーズミストレス
マイザーズミストレス

オーラムヴェイルのボス、マイザーズミストレスです。

ロックスミス戦は怪樹の実が4個だけでしたが、マイザーズミストレス戦は10個の怪樹の実が配置されています。

マイザーズミストレスは、戦闘開始から30秒周期で粘菌爆発というスキルを使用してきます。このスキルはPT全体に粘菌の状態異常を付与するとともに、粘菌のスタック数に応じたダメージを与えてきます。
粘菌爆発

粘菌1に対して400~500ダメージに相当します。黄毒と同じくアイコンに数字が付くタイプの状態異常ですが、黄毒と違ってスリップダメージはなく、粘菌爆発のダメージにのみ影響します。
粘菌

ロックスミスの黄毒と同じく、粘菌は怪樹の実を取ることでしか治せません。
マイザーズミストレス戦の怪樹の実は120秒周期で再出現します。

怪樹の実の取り方として一般的なのは粘菌が3になったら実を取るというやり方です。このやり方だと少し予備を残した形で進行できるのでオススメです。

マイザーズミストレス本体の攻撃で強力なのは臭い息と串刺しです。どちらも前方範囲攻撃なので、タンクがいる方向には立たないようにしましょう。もし、臭い息に当たってしまった場合は怪樹の実を取って回復しましょう。

ランダムターゲットで粘菌発射という300程度のダメージ+粘菌1を付与する攻撃もやってきますが、これは避けられないので受けるのみです。

このボス戦で勝敗を分けるのはボスの残りHPが50%になるとやってくる種まきの対処です。
種まき

画像のように、マイザーズミストレスが種まきを使用するとマイザーズミストレスの周囲にモルボルの実が5個発生します。

この実は道中にあったモルボルの実と同様、発芽というスキルを使用して小さいモルボルになります。発芽までの猶予は15秒なので、急いで実を攻撃しないと間に合いません。モルボルの実にはスタンや沈黙は効かないので、発芽を止めることはできません。

実のHPは500程度なので、攻撃力最低クラスの忠義盾状態のナイトでも攻撃スキルが使えれば1人で2個破壊できます。全員で協力して実の破壊に回れば5個破壊するのはそれほど難しくないはずです。

発芽してしまうと小さいモルボルになりますが、こいつはHP1000~1100程度あり、実の状態と比べるとそれなりにしぶといです。ただ、全員で集中攻撃すればすぐ倒せる程度のHPです。小さいモルボルの通常攻撃には追加効果で粘菌1が付与されるので非常に危険です。
種まき

発芽してしまったら放置せずにすぐ倒しましょう。

種まきはマイザーズミストレスのHPが50%になった時に1回目が来て、以降は1分周期で種まきを使用してきます。迅速魔や発勁などのリキャストが1分のアビリティを毎回使用していれば次がいつ来るのかわかります。

この種まきの対処は、強力な範囲攻撃を持っているジョブがいるかどうかで大きく変わります。

●白魔道士がいる場合
白魔道士がいる場合

白魔道士が実の中心に立ってクルセードスタンス状態のホーリーを1発撃てば、すべての実のHPを8割程度削れます。クリティカルが入った実は一撃です。ホーリー2発撃てば1人で全部破壊できますが、序盤から2発撃つと終盤MPが足りなくなるのでオススメしません。1発入れてもらって後は各個撃破で問題ありません。

クルセードスタンスの操作に慣れていなくて入れ忘れている場合はHP半分近く残りますが、それでも各個撃破で簡単に処理できます。

●黒魔道士がいる場合
黒魔道士がいる場合

タンクがマイザーズミストレスを実の中心に固定した上で、マイザーズミストレス中心にアストラルファイアIIIのファイラを2発撃てばファイラが届く実は全部倒せます。ファイラの範囲から漏れる実が1個だけ出たりするので、黒魔道士本人が処理する場合はファイア→コラプスで、他のメンバーがフォローする場合は1発目のファイラが当たっていない実を攻撃しましょう。

初回はHP50%の時に来るので、そろそろだと思ったらアンブラルブリザードIII状態で待機(ブリザガとサンダガを交互に撃つとかやってればいいです)。マイザーズミストレスが種まきのために移動したらファイガを使用してアストラルファイアIIIにして、実が出てきたらファイラが漏れる実を探しながらマイザーズミストレスに迅速魔ファイラ→ファイラ(もしくはファイラ→迅速魔ファイラ)でOKです。

以降は迅速魔のリキャストを見ながら、そろそろというタイミングでアンブラルブリザードIII待機するのを繰り返せばいいだけです。

●白魔道士・黒魔道士がいない場合
白魔道士と黒魔道士が実の破壊に慣れていて、1人で全部破壊したり、8割方削ってくれる場合ははっきり行ってヌルゲーです。問題は1人で全部破壊できるような強ジョブがいない場合です。

攻撃能力を上げることのできるアビリティは種まきの時まで温存して、種まきの処理で全力を出せるようにするのは基本。特にスピリッツウィズインやマーシーストロークのようなダメージを出せるアビリティはこの時のために取っておくといいです。GCDの関係で15秒間に撃てるWSの数はせいぜい5回くらいなので、GCD中でも使える攻撃アビリティは重要です。

攻撃力最低クラスの忠義盾状態のナイトでもフルアビなら2個壊せるので安心してください。ヒーラーが回復専念せざるを得ない状況だとしても、残りの3人で5個破壊は何とかなるはずです。

とは言っても、粘菌の解除に走っていて初動が遅れたりして1~2個発芽してしまうのが世の常です。実を効率良く破壊できない場合に重要なのはむしろ発芽した後の処理です。

発芽したモルボルはペットかタンクがタゲを取るようにしましょう。タンクがナイトの場合、フラッシュを入れれば小モルボルの攻撃はかなり回避できるので、時間を稼げます。ペットとタンクがタゲを取るのは、ペットとタンクだけが粘菌が大量スタック(最大9まで)しても耐えられるからです。
発芽後

タンクやペットがタゲを集めたら発芽したモルボルを全員で素早く倒せば何とかなります。常時1~3匹発芽するPTでもこのやり方でなんとかクリアできたので、発芽を止められなくて何度も失敗する場合は、発芽後の対処を見直せば何とかなるかもしれません。
発芽後

小モルボルのタゲを引き受けたタンクは、粘菌爆発の前に大量スタックした粘菌を怪樹の実でリセットしましょう。間に合わない場合は防御スキルを使用して祈るのみです。


マイザーズミストレス戦は、PTのジョブ構成やメンバーの練度によって難易度が大きく変わるボス戦ですが、モルボルの実と発芽した小さいモルボルを最優先で倒すことを全員が意識して行動すれば強い範囲攻撃がない構成でもクリアできます。そんな時に大事なのは人任せにしないで全員で協力するということです。
関連記事
コメント投稿
*
*