Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【白魔道士】ゼーメル要塞に白魔道士で参加する場合のポイント
2013年11月11日 19:44
共有する:
ゼーメル要塞に白魔道士で参加する場合のポイント。

●道中
ゼーメル要塞の雑魚はどれも弱い上に寝るので、特に気を付けるようなこともないです。強いて言えば虎口の中で戦う時だけは余計な敵に絡まれたらすぐに1匹寝かすことができるように身構えておくと良いです。

敵が弱いので寝かしてタンクにリジェネ入れたら以降はずっと攻撃という流れになるかと思います。

●リポーズが効かない敵
ゼーメル要塞の雑魚はすべて寝ます。

●攻撃力の高い敵
強いて言えばドレイクの前方範囲攻撃が痛いですが、簡単に避けられるのでまず当たる人はいません。

●オールシーイングアイ戦
オールシーイングアイ

回復で気を遣わないといけないのは、クリスタルからクリスタルへ移る途中で食らってしまったアイズオンミーの回復くらいで、後は麻痺やアビリティ禁止状態になってしまった人がいたらエスナをかける程度です。

クリスタルの中では大きなダメージを受けることがないので、クルセードスタンス状態でほぼ攻撃オンリーという形になります。沸いてくる雑魚は寝ますが、1体1体が弱いので自分も攻撃してさっさと倒した方が良いです。

●タウラード戦
タウラード

範囲攻撃を避けながら回復する形になるので、全員をリジェネ状態にすると良いです。範囲攻撃を避けながら全員のリジェネを維持して、隙を見てタンクや範囲攻撃に当たってしまった人にケアル系の魔法を詠唱しているだけで事足りると思います。

●バトラール戦
バトラール

バトラール戦は範囲攻撃を避けながら回復するだけです。偏属性クリスタルと繋がっている間はデソレーションしかやって来ないので、回復するも良し、攻撃するも良し、狙われた人が即死する可能性を少しでも減らすためにストンスキン切れてたら狙われた人にストンスキンかけてあげるも良し。普通にやってれば特に問題ない相手です。

ボス中心範囲攻撃があるので、ボスにはあまり近寄らないように。


難易度が低いダンジョンなので、道中で大リンクした時くらいしかヒーラーとして白熱する場面はありません。
関連記事
コメント投稿
*
*