Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【攻略ルート】暴走戦艦フラクタル・コンティニアム
2018年4月9日 21:00
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★攻略ルート
マップは一本道なので割愛します。火山よりも1匹が弱めで数が多い傾向なので、道中まとめるPTが多いです。
特に進行上注意すべきものはないので、ボス戦だけ紹介します。

●現実拡張室(マザービット戦)

現実拡張室まで来ると、USBメモリの形をしたボス、マザービットがいます。マザービットにはスタンは効きません。
マザービット

ポイントはビットが横一線に並んだ後の対処だけです。オレンジ色の線が表示された後に注目です。
オレンジ線

オレンジ色線で分断されたエリアの片方に対して、かめはめ波的なエネルギー波がチャージされます。
かめはめ波

見るからに危険なので、反対側に移動するのが正解なのですが、「光き球・・・きれい・・・」と見入ってしまうとオレンジ線が塗り潰されて反対側に行けなくなります。
オレンジ床

こうなるとかめはめ波(拡散レーザー)が発動して大ダメージに加えてダメージ低下になりますが、タンクなら死にはしません。ただの辱めです。
拡散レーザー

オレンジ色の床に触れると後方へのノックバックに加えて、15000程度のダメージと被ダメージ上昇のデバフを付与する高圧電流を受けてしまいます。
高圧電流

テトラグラマトンとインターベンションとマバリアがなければ即死だった(ドヤァァ)。
拡散レーザー

オレンジの床が出てから拡散レーザーまでは実際のプレイではほんの僅かな時間の出来事なので、これほど手厚く介護されることは稀です。取り残される恐れがあると思ったら、大人しくその場に残って拡散レーザーだけ受けるようにしないと高圧電流とのコンボで即死します。

他は見てから避ける系の話で、初見でも問題ないはずなので割愛します。とにかく高圧電流と拡散レーザーの対処だけしっかりしとけば良いので、遠隔ジョブもボスに近い位置取りで戦うと良いです。

●第VIII展示区(アルテマウォリアー戦)

第VIII展示区まで来ると、2番目の中ボス、アルテマウォリアー戦です。スタンは効きません。
アルテマウォリアー

アルテマウォリアー戦は蒼天編の三闘神のギミックが登場するボス戦です。蒼天編のやり込みが試されるわけですが、対処を間違えても大体死にはしません。

私のように蒼天編のやり込みが浅いプレイヤーのために特徴的なギミックを紹介致します。まずは全員に緑のマーカーが付けられる魔神セフィロトのギミック。
セフィロト

これは、マーカー対象者周辺範囲が降ってきた後、その場所にドーム状のダメージフィールドを生み出す攻撃なので、画面端に捨てに行くのが正解です。中央に出すと面倒なことになります。
セフィロト

面倒なことになる・・・?そう、面倒なことになるのです。面倒なだけでそこまで害はありません。面倒なので画面端に捨てるのです。魔神セフィロトは以上です。

次なるギミックは女神ソフィアのギミック。ランダムで2人に白いフィールドと黒いフィールドが付きます。
ソフィア

これは白と黒の2人がくっつくのが正解です。
ソフィア

くっついた2人は「ア・イ・シ・テ・ル」のサインを送りあっているわけではなく、罪と罰の調和を保っているのです。成功すると、「罪と罰の調和が保たれた・・・」というメッセージが表示されてダメージを回避できます。
ソフィア

最初の2人が罪と罰の調和を保つと、残りの2人に白と黒が付いて同じことをやらされるので、最初に選ばれなかった時は同じく選ばれなかった人に近寄っておくなりしておくと良いと思います。

女神ソフィアは以上です。

最後は鬼神ズルワーンのギミックです。炎の刻印と氷の刻印のどちらかがランダムで付与されます。
ズルワーン

これは、炎と氷のフィールドが出てくるので、付与された刻印と同じフィールドに入れば大丈夫です。
ズルワーン

上手く正解の方に入れば小ダメージで済みます。
ズルワーン

以上が三闘神のギミックです。どれがどの順番で来るのかはランダムですが、メッセージで何が来るのかはわかります。
メッセージ

メッセージについては見ておく必要はないです。予兆を見てから対処しても間に合います。

アルテマウォリアー戦は以上です。三闘神の事前知識があれば初見でも対処できると思います。三闘神のギミックは基本的にノーヒントの完全二択なので、本当に初見だと全部正しく対処するのは難しいですが、失敗しても大体死なないので大丈夫です。

●ボス(アルテマビースト戦)

このダンジョンの最終ボス、アルテマビーストです。
アルテマビースト

アルテマビーストはモーションを見てから避ける系のボスです。

この時点で余裕だなと思う人多数だと思いますが、アルテマビーストはモーションを見てからどう避けるのが正解なのかが初見ではよくわからないものがあると思います。1発食らえばわかるって話なのですが、せっかくなので紹介します。

まずは腕を振り上げて「アルテマビーストは力を溜めている・・・!」からの対処です。
アルテマビースト

一見いつもの前方範囲かと思って側面に移動したり、背後に移動したりして引っかかる人が90%以上であとの人は気付かず正面受けしてしまうのではないかと予想しますが、これはボス中心の円形範囲が飛んでくるので、避けたいならボスから離れるのが正解です。
アルテマビースト

大して痛くもない上に当たってもデバフは付かないので、「バフを入れて耐える」でも正解だと思います。全員避けたらナイスプレイでリミットブレイクゲージくらい溜まっても良いと思うのですが、ピクリともしないので避けても耐えてもどっちでも良いです。

次なるモーションは立ち上がって「アルテマビーストは力を溜めている・・・!」からの対処です。
アルテマビースト

これは1発食らわないとわからないと思いますが、ボスをターゲットした時のサークル内が安全地帯です。
アルテマビースト

ポイントはこれだけです。他にも頭割りや距離減衰ダメージの攻撃をやってきますが、どれも威力は低いです。距離減衰はそこまで距離を取らなくても大丈夫ですし、頭割りも対象者以外に誰か入れば大丈夫です。

最後に詠唱時間の長いデミアルテマを実行してきますが、これはいつもの「敢えて失敗してみるツアー」を開催しないと見れないやつなので、発動するところを見れたらある意味ラッキーです。
アルテマビースト

発動するまでもなく終わってしまうと思いますが、発動しても死にはしないようです。

フラクタルHの攻略については以上です。

★宝箱
フラクタルHの宝箱からは、IL325の装備が出ます。
関連記事
コメント投稿
*
*