Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【討滅戦】極白虎征魂戦
2018年2月18日 01:48
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
●極白虎征魂戦

パッチ4.2で実装された極蛮神、極白虎征魂戦です。
極白虎

IL340あれば問題なくクリアできます。難易度的にはどのロールで行ってもラクシュミよりは難しく、スサノオよりは簡単という程度だと思います。

以下、攻略上ポイントとなる点を紹介します。

●呪縛雷と乾坤一擲

極白虎戦の特徴的なギミックのひとつが、2連続の地点指定の頭割りです。
頭割り

集合場所はよくある特定の誰かではなく、特定の地点になります(白虎から一番遠い位置に出てきます)。円形の枠が表示されるので、その中に入れば頭割りできます。

この頭割り攻撃の予兆は範囲表示以外だと、「呪縛雷」の詠唱や、「捉えたぞ!」という白虎の台詞によって判断できます。
呪縛雷

まず呪縛雷によって、ヘイト1位が白虎に掴まれて行動不能にされます。
掴まれているところ

掴まれた対象はスタンと拘束で何もできなくなり、拘束者の稼いでいたヘイトがリセットされます(他のメンバーのヘイトはそのままです)。

掴んだ後は地点指定頭割りダメージの「乾坤一擲」の詠唱が開始され、詠唱が完了すると掴んだプレイヤーが頭割りの場所に叩きつけられます(掴まれている人も頭割りの対象に含まれます)。
乾坤一擲

頭割り対象者には被物理ダメージ増加が付与されます。この被物理ダメージ増加は、白虎のオートアタックがタンクでも10万ダメージで即死するほどの効果があります。

乾坤一擲は10万程度の頭割りダメージなので、掴まれたプレイヤーも含めて最低でも3人いれば死にませんが、物理属性のため、被物理ダメージ増加がかかっている状態で受けると即死します。つまり、2連続で実行される乾坤一擲を2回とも受けると死ぬという寸法です。もちろん、頭割りの人数が少なくても対象者は死にます(誰も入らなかった場合、単に掴まれたプレイヤーが全ダメージを1人で受けて死にます)。

このギミックの解法を文章で説明していくとよくわからない感じだったので図解してみます。

1回目はMTが必ず掴まれますから、1回はMTと誰か3人が頭割りに入る必要があります。必然的に1回目に入らなかった4人が2回目になります。これを図にすると次の通りですね。
図解1

1回目の乾坤一擲の後には、呪縛雷が来てその時点のヘイト1位が掴まれ、対象者は2回目の乾坤一擲に強制参加させられます。つまり、1回目の乾坤一擲が終わった後、2回目に参加する4人の誰かがヘイト1位になっている必要があるということになります。

2回目に参加するメンバーなら誰が掴まれても問題ないのですが、急にヘイト1位になれるジョブはタンクしかないので、普通に考えたらSTが挑発してヘイト1位になっておくことが望ましいということになり、先程の図にSTを加えたのが完成形となります。
図解2

戦術上、どっちに入るか確定するMTST以外は誰でも構いません。2回のうち、どちらか片方だけに参加すれば良いだけです。1回目と2回目のどちらに参加するのかは事前にマクロ打ち合わせなどで決めることがほとんどです。アドリブでもできそうなギミックですが、これについてはわざわざアドリブでやるメリットがないので初見未予習PT以外では打ち合わせがあると思います。事前に決めた通りにしましょう。よくあるマクロだとこんな感じになります。
図解3

挑発のタイミングはMTが掴まれることが確定してMTのヘイトがリセットされる前である「呪縛雷の詠唱中」がベストです。MTのヘイトが消えてから挑発になった場合は2位に抜かれないように急いでヘイトを稼がないといけません。もし、STで参加している時に他の人が掴まれてしまった場合は、普通に歩いて頭割りに参加しましょう。掴まれたのが1回目に参加していなかった人なら、全員助かります。1回目に参加していた人が掴まれたらその人だけ助かりませんが、STが頭割りに参加しないで見てるだけだと頭割りに入ったメンバーの命まで危ういので、失敗したと思っても呆然とせずに頭割りに行きましょう。

MTがヘイトを取り戻すタイミングも注意が必要です。STが掴まれるのが確定する前に挑発してしまうと、自分が再度掴まれて死んでしまいます。2回目の乾坤一擲が終わるまでには1位になっていないと、白虎のオートアタックで2回目の頭割り対象者の誰かが死ぬ可能性があるので、2回目の頭割りが終わる前には1位になっていましょう。

ヒーラーで参加する場合、1回目と2回目の乾坤一擲の間には何もやって来ないので、落ち着いて頭割りが2回とも終わってから全体回復で大丈夫です。

DPSで参加する場合、特に1回目の参加者はヘイトを抑えるスキルを使ったりして気をつけないと、最悪2回目の呪縛雷で掴まれて死にます。

後半戦では、触れるとダメージとデバフを受けるドーム内に頭割りを出されることがありますが、ドームが消えてから頭割りに入れば間に合うので、ダメージ覚悟で突っ込んだりしなくて大丈夫です。
ドーム内の頭割り

●無間地獄

フィールド上にイクラをばら撒く無間地獄です。イクラに触れるとダメージに加えて被ダメージ上昇が付与されます。
無間地獄

無間地獄の最中には、各ロールから1人ずつの計3人に祟り風という大イクラのデバフが付与されます。
祟り風

これは、デバフの説明文の通り、祟り風の対象者同士が接触すると爆発する仕掛けです。
祟り風

祟り風の対象者同士の接触が条件なので、他の人には触れても大丈夫です。大イクラが爆発すると周囲にイクラに触れたのと同等のダメージと被ダメージ上昇が付くのに加え、巻き込まれたプレイヤーは上空に打ち上げられます。
爆発

大イクラを爆発させてしまった場合、「イクラばら撒いてすいませんでした」という誠意ある謝罪が必要です。

イクラタイムはとにかくたくさんイクラが出てきて、白魔や黒魔のような移動に弱いジョブは全然力を発揮できないと初見で思いがちですが、規則性があるので覚えてしまえば問題ないです。
イクラタイム

いろいろ方法はあると思いますが、参考までに私のやり方を伝授します。

無間地獄詠唱中に白虎が向いている方向の「正面ド安置」です。
イクラ攻略

この位置はしばらくイクラが来なくて、途中で少し左斜め後ろに移動するだけで完全回避可能です。他にも似たような場所はあると思うので興味があれば探してみてください。

ヒーラーで参加する場合、無間地獄の直後は必ず連続全体攻撃の「風雷波動」が来るので、白虎の正面に陣取って全体回復がド安定です。
風雷波動

無間地獄の対応についてはそんなところです。

●荒弾

ターゲットマーカーが付けられたら、3連続でダメージ床が降ってくるので、邪魔にならないところに捨てに行く必要があります。
マーカー

踏むと爆発して消えますが、強力な継続ダメージ効果のペインが付与されます。
ダメージ床

ペインはエスナで解除できますが、解除してもらえるとは限らないので踏まないように注意が必要です。

●白帝

白虎は決まったパターンで行動し、前半と後半に1度ずつ白帝という虎を出現させてきます。
白帝

虎のヘイトを取るのはSTのお仕事です。
白帝

このフェーズは緩いDPSチェックタイムです。時間内に虎のHPをある程度まで削りきれなければその後の全体攻撃で全滅します。残り30%未満くらいにしておけば全滅はしません。

虎はノーバフだと10000程度のダメージのオートアタックと20000程度のダメージの前方範囲の猫パンチがあるので、ST以外が虎の前に出ることが危険なのもさることながら、STもしっかり防御スタンスで戦わないと簡単に死ねます。
白帝

STを対象に発生する距離減衰の攻撃はとんでもない威力なので、全員STから離れるのもそうですが、STもMTがいる側とは反対の画面端までしっかり移動しないと危ないです。
白帝

うっかりノーバフのお豆腐状態で受けると50000近いダメージになるので、効果の高いバフをしっかり使う必要があります。
お豆腐タンク

お豆腐状態で受けてしまうと、ヒーラーも遠くにいてしばらく回復してもらえないのでオートアタックで死にます。

ほらぁ(死亡&MT挑発)。
お豆腐タンク

この回は素早く復活して無事クリアできましたが、STで参加する時は、「舐めプは死の香り」と覚えておきましょう。

STに距離減衰ダメージが来る時、人型の方からはドーナツ範囲が来ます。
ドーナツ範囲

前半戦はドーナツ範囲が1回だけですが、後半戦ではドーナツ範囲が2連続で来るので、1回目は距離減衰ダメージから逃げるために人型の足元で避けて、2回目は人型から離れて外で受ける方がヒーラーや遠隔ジョブにとっては都合が良いです(虎を攻撃できたり、STを回復したりする都合)。
ドーナツ範囲

虎フェーズの最後の方になるとフィールドの周囲に球が出てきて虎に吸い寄せられていきますが、これは虎に到達すると虎が回復する仕掛けなので、タンクLBを使うのでなければ主にタンクとヒーラーで回収していきます。
球回収

球は回収する時にダメージとTP減少がありますが、4000程度のダメージなので極端にHPが減っている状態で取らなければ大丈夫です。デバフもありません。
球回収

ここまでは正攻法の話です。前半戦は必ず正攻法でやります。

後半戦はPT構成によって変わります。ジョブ被りがない場合はLB3が使えるので、履行技をタンクLBで耐えることができます。タンクLBを前提とする場合、後半戦の虎は一切削る必要がなく、球回収も不要です。タンクが履行技の「雷轟」の着弾にタンクLB3をしっかり合わせられるかどうかだけが焦点になります。
タンクLB

タンクLBの効果は8秒間なので、それを逆算して詠唱を見て使うか、球が虎に到達して消えるタイミングで使えば大丈夫です。やりやすい方でやりましょう。
タンクLB

ジョブ被りがあるとLB2までしか溜まらないので、虎に近接LB、虎と人型まとめて範囲LB、虎フェーズでは使わずに3溜めて本体にLBのいずれかを虎のHPの減りを見て判断することになりますが、いずれにしても虎を普通に処理していきます。

CFだとジョブ被りなしの場合は打ち合わせなしでもタンクLBがほとんどです。ジョブ被りありの場合は虎をしっかり削って球も回収しないといけないので、CF参加の場合は構成を見て動きを変える必要があります。

●中間フェーズ(底スクロールシューティング)

前半戦の虎を処理すると、ノーマル版と同じくシューティングゲームが始まります。
シューティングゲーム

私は底から来る球を凝視すると3D酔いするのであんまり画面を見れないのですが、そんなに動き回る必要はないので、適当な位置で止まって微妙な位置調整を繰り返すだけで全部回避はできます。知っていた方が良い知識として、端に表示されているラインの外に出ると理屈はわかりませんが即死します。これだけ気をつけましょう。

苦手な人のために2回目の球フェーズを簡単に完全回避する手順を紹介すると、最初の中央4球+X字の4球を以下の画像の位置で回避して、後はそこで微妙に位置調整するだけというのをオススメしておきます。
シューティングゲーム

図解にすると、第二波の最初の四角4球とX字4球を次の図の青い破線のところで回避して、後は球を見ながらちょっとだけ位置調整です。
シューティングゲーム

シューティングゲームについては3D酔いする人はできるだけ画面を見ないでいける方法を考えてみようということだけです。

●旋体脚

後半戦の乾坤一擲2回の後に必ずやってくる白虎前方270°範囲の旋体脚です。
旋体脚

練習PTをやると大抵ここで壊滅します。HP40000以上あってバリアがあれば死にませんが、基本的に当たれば即死と思っておいて差し支えないです。
即死

バリアヒーラーで参加する場合、乾坤一擲の後にバリアを貼っておけば即死を防げるかもしれません。

ちなみにノーマル版だとこんな範囲が表示されていました。
ノーマル版

乾坤一擲の後にしかやって来ないのでタイミングは決まっていますが、詠唱もある攻撃なので、旋体脚の詠唱が見えたらしっかり白虎の後ろに周って避けましょう。
詠唱

●暴風(マーカー対象のところにドーム)

後半戦では、「天つ雷よ、吹き荒べ!」というメッセーとともに、各ロールから1人ずつの3人にマーカーが付くタイミングがあります。
マーカー

範囲攻撃が落ちてくる汎用マーカーなので初見でも他のメンバーと距離を取ると思うので、打ち合わせなしでも突破できる場合が多いギミックですが、範囲攻撃が落ちてくるまではいつも通りです。
暴風

いつもと違うのは、範囲攻撃が落ちてきたところにドーム状の空間が出現するところです。
ドーム

このドームに当たるとダメージに加えて被ダメージ上昇になるので触らないようにするのはもちろんなのですが、ドーム同士が接触すると真空刃という被ダメージ上昇を伴う全体範囲攻撃が飛んでくる点に注意が必要です。
真空刃

なんだかよくわからないうちにドームのところで壊滅するのはこれが原因です。

マーカー対象者同士が十分に距離を取れば良いだけなのでアドリブでも対処できるギミックですが、大抵はマクロで事前打ち合わせがあります。

最初に北を1つの頂点のとする三角形の形になるようにABCのマーカーが置かれ、マクロで決めたロールのところに移動するというのが一般的です。
地図

Aがタンクというのはまずぶれないのですが、BとCの置き場所とBがヒーラーなのかDPSなのかというのは流されるマクロによって違うので最初にしっかり確認しておく必要があります。

マクロ自体はBがヒーラーでCがDPSというケースが多いですが、BとCの置き場所はPTによって違うのでヒーラーやDPSで行く時は特に注意が必要です。CFで周回していると毎回のように変わって途中で今回どっちだっけってなりやすいので、個人的にはBかCかではなく今回は青とかの色で1回覚えておくと間違えにくいと思っています(個人の感想です)。

主要なギミックについては以上です。他にもいくつかありますが、範囲を見てから避ける系の話なので初見でも対処できると思います。

●時間切れ

極白虎戦は戦闘開始から約11分20秒くらいで時間切れになります。「これぞ、アラミタマよ!」というメッセージとともに非常に詠唱の長い風雷波動が来たら時間切れの合図です。
時間切れ

攻撃あるのみとなりますが、この風雷波動の詠唱を見てからLB3を使っても着弾が間に合わないので、LB3を使うならその前の連続風雷波動(時間を見てなくてもいつもより着弾回数が多いのでわかると思います)の時に使いましょう。

●宝箱

IL355の武器が1ジョブ分だけ出ます。また、10個集めるとラールガーズリーチで宝箱から手に入る武器と交換可能なトーテム像が必ず1個入手可能です。その他、ランダムで素材、譜面、マウントがドロップすることがあります。

●マクロ

誰もマクロを流す人がいない時に求められたら流す派の私ですが、一番良く見るマクロを流すことにしています。今回はこの方のマクロを流しておりました。
lodestoneへのリンクです。

極白虎はそんなに難しくないので、なんとなく難しそうと思って尻込みしている人がいたら掲示板で募集する等して気軽に行ってみると良いと思います。
関連記事
コメント投稿
*
*