Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【レイドノーマル】次元の狭間オメガ:デルタ編4
2017年7月20日 23:10
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
●次元の狭間オメガ:デルタ編4「エクスデス」

4層のボス、エクスデスです。
エクスデス

エクスデス戦は討滅戦みたいな感じで、ボス戦らしいボス戦ですが、神龍よりは簡単です。戦闘開始後、いきなりエスナで解除できる死の宣告をランダムで2人に付与してくるので、ヒーラーで参加する時はエスナを持ってきましょう。

この他、エクスデスは多彩な攻撃を持っていますが、ポイントとなる点を紹介します。

まずはファイガ・ブリザガ・サンダガの対処です。
それぞれ、エクスデスが無の力で強化されている場合とされていない場合で対処法が異なります。

無課金状態なのか課金状態なのかはエクスデスのエフェクトで判断できます。

ブラックホールとエクスデスの間に何もエフェクトが出ていない状態は無課金の状態です。
無課金のエクスデス

エクスデスがブラックホールから無の力を引き出している時は課金しています。
課金したエクスデス

マネーパワーがあるのかないのかわかりにくいよという場合はエクスデスよりブラックホールの方を見た方がわかるのではと個人的には思います。

無課金ファイガはマーカー後に円形範囲のいつものやつなので散開します。
無課金ファイガ

無課金ブリザガはただの円形範囲を見てから避けるだけです。
無課金ブリザガ

タンクとヒーラーは無課金サンダガには注意してください。MTに対して強力な雷属性ダメージが飛んできます。
無課金サンダガ

同時に雷耐性低下が1スタック付与されますが、上限は2スタックまでなので、しっかり防御スキルを合わせればスタック2でも耐えられます。

デバフ2でタンクスイッチする場合もありますが、しない場合もあります。スイッチしない場合は運が悪いと途中から常時デバフが2スタックした状態で戦う格好になります。

タンクで参加する場合、MTスタートなら相手がタンクスイッチする人なのかどうか見ていれば良く、STスタートなら自分がどうするか決める形になります。そこまで危険でもない上に死亡後スイッチでもクリアに支障はないので私はSTスタートならスイッチしないです。相手がMT絶対譲らないマンだった時に面倒だからという宗教上の理由なのでご参考まで。

続いて、課金ファイガの対処です。マーカー円形だったのが全体攻撃に変わります。ダメージ自体は2000~4000と大したことないのですが、ヒートのデバフが付与されます。
課金ファイガ

ヒートはいくつかのレイドコンテンツに存在するデバフなので、覚えていれば初見でも対応できると思いますが、ヒート状態はその最中に移動やアクションの実行などをするとスリップダメージを受ける効果なので、ヒートの最中はできるだけ余計なことはしないのが正解です。ちなみに、オートアタックは大丈夫です。

後半はヒートの最中に範囲攻撃が来たりもするので、範囲攻撃を避けるためにヒートのダメージを受けるしかないこともありますが、何かすればするほどダメージを受けるので、その場合は範囲避けだけに徹しましょう。

ファイガはそれなりに危険ですが、課金ブリザガは対処法がわかれば比較的無害です。課金ブリザガはスノークロークの1ボスにあった着弾の時に移動していると回避できる攻撃です。着弾時に移動していた人だけ凍りません。
課金ブリザガ

ブリザガの詠唱を確認後、ブラックホールを見て「課金してるな」と思ったら動き回ればOKです。
無課金だと円形範囲なので、ブリザガの詠唱を見た時に円形範囲じゃない場合は動き回るでもOKです。

課金サンダガは範囲の見えない円形範囲攻撃です。当たっても死にはしませんが、被ダメージ上昇と麻痺が付与されます。
課金サンダガ

サンダガの対処は慣れないうちは詠唱を確認したら条件反射的にとりあえず離れるのでも大丈夫です。
慣れてきたらブラックホールを見て判断すれば良いと思います。

ちなみに、MTの後ろは回避できるほどのスペースがないことが多いため、MTだけは避けるのが結構難しいです。素早く反応しましょう。

以上がファイガ・ブリザガ・サンダガの対処法ですが、この3つの魔法はエクスデスの基本行動なので序盤から終盤までいずれかを定期的にランダムでやってきます。

HPが残り65%を切るくらいでエクスデスが決戦の詠唱を開始します。
決戦

決戦はバトルフィールドの中央に距離減衰の範囲が表示されます。
決戦

すると、距離減衰ダメージが飛んできて、中央からニョキッと変なおじさんが出てきます。
変なおじさん

「このおじさん変なんです!」と言えるくらいの間があった後、変なおじさんが口から紫色の毒ガスを吐いてきます。
変なおじさん

毒ガス(ゾンビブレス)に当たると11000程度のダメージと被ダメージ上昇に加えてゾンビー状態にされます。
ゾンビブレス

ゾンビー状態は混乱と同じで操作不能のまま味方を殴り始めます。

要は変なおじさんが出てきたら素早く背後に回る必要があるわけですが、この時、変なおじさんに触らないように気をつけてください。

変なおじさんは全身がデリケートゾーンなので、触ると12000程度のダメージに加えてペインが付与されます(ペインは変なおじさんから離れれば解除されます)。
ゾンビブレス

ゾンビブレス後、変なおじさんはいなくなりますが、バトルフィールドの外周の柵がなくなってエクスデスが再登場します。
柵

バトルフィールドの端から落ちると即死ですが、神龍戦と同じく落ちてもレイズなどで復帰できます。

柵がなくなってからは、エクスデスを中心に放射状にノックバックを発生させる真空波に注意してください。
真空波

崖の近くに立つことの多いMTやエクスデスの背面や側面を取ろうとした近接DPSがよく落ちるシーンを見るのでこれらのジョブで参加する時は特に気をつけましょう。

柵がなくなった後のフェーズからやってくる行動として、フレア・メテオ・ブラックホールがありますが、このうちメテオはただの全体攻撃なので、他の2つを紹介します。

まずは3人に独特のマーカーが表示されるフレアですが、これは対象者に距離減衰ダメージが降ってくると思ってください。つまり、3人が散開するのが正解です。
フレア

フレアは各ロールから1人ずつの計3人が対象に選ばれ、MTが対象になることもあります。

ブラックホールが来ると、バトルフィールドにブラックホールがいくつも設置されます。
ブラックホール

ブラックホールは他の範囲攻撃を避けるのを邪魔する仕掛けですが、ブラックホールの球に埋まるくらい近づくと爆発し、爆発させた人が25000程度のダメージに加えて被ダメージ上昇を受けます。
ブラックホール

既に被ダメージ上昇がかかっている状態で受けると即死する可能性があるので注意しましょう。

柵がなくなった後半のフェーズでも決戦をやってくることがありますが、後半の決戦は距離減衰の安全地帯が霊樹の蔦の範囲攻撃で1箇所に固定されるため、スプリントがあると便利です。
決戦

距離減衰の安全地帯に入れてほっとしてその後の変なおじさんの登場を忘れているとゾンビブレスの回避が間に合わないのでそれだけ気をつけましょう。
決戦

エクスデス戦のポイントは以上です。全員初見で1発クリアは難しいものの、神龍よりは簡単です。
関連記事
コメント投稿
*
*