Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【レイドノーマル】次元の狭間オメガ:デルタ編3
2017年7月20日 19:34
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
●次元の狭間オメガ:デルタ編3「ハリカルナッソス」

3層のボス、ハリカルナッソスこと、ボードゲームおばさんです。
ハリカルナッソス

ボードゲームおばさんとの戦闘はその名の通りボードゲームです。
視覚的にわかりやすいギミックゲーなので初見でも察しが良ければ対処できると思いますが、ボードゲームの解法を紹介します。

盤面にロールアイコンが描かれた時は、自分のロールと一致するアイコンのマス目で待機するのが正解です。
ロールアイコン

「立つべき盤面が・・・」というメッセージを見落とさなければ初見でも気が付くと思いますが、私は初見の時はメッセージを見落としたので絵柄を覚えておく神経衰弱のようなギミックかと思って見事に食らってしまいました。間違えると25000程度のダメージに加え、ダメージ低下と被ダメージ上昇のデバフが付与されます。
ゲームスタート

続いて、盤面がカエルのアイコンになった場合の対処です。
カエル

これは直後にやってくるハリカルナッソスの「クルルルル!」という前方範囲攻撃を受けてカエルに変身した上でカエルのマス目に待機するのが正解です。
クルルルル!

「クルルルル!」はかなり範囲の広い扇型なので真横や後ろにいなければ大丈夫です。
クルルルル!

「クルルルル!」はボードゲームタイム以外の全然関係ない時や、ロールアイコンの時にもやってくる場合があるので、関係ない時はしっかり回避する必要があります。詠唱を見るかモーションを見て回避すれば大丈夫です。

絵柄合わせのギミックはこの2パターンのみです。

ちょっと初見殺しなのは、青い床と石の床に盤面が変わった時の対処です。この床は女王の舞いという全体攻撃を回避できるかどうかに関係しますが、完全に初見殺しなので青い方が良いのか石の方が良いのかは実際食らうまでわからないと思います。
床

1発もらうのはしょうがないですが、女王の舞いが発動した時のエフェクトを見逃さなければ正解がわかります。青いところだけ岩が飛び出して来ないのがわかりますね。
床

ボードゲームの解法は以上です。

それ以外にも序盤の石床フェーズで出てくるドラゴングレイトには注意が必要です。
ドラゴングレイト

ドラゴングレイトは出現したらしっかりSTがタゲ維持しないと前方範囲のブレスに巻き込まれてPTが壊滅します。DPSで参加する場合、ヘイト1位にならないように注意しながら攻撃しましょう。

おばさんのHPを60%程度まで減らすと、次元の裂け目が出現して小休止に入ります。
次元の裂け目

次元の裂け目で移動した先は、昔のドラクエやポケモンみたいな2DのRPGでよくある強制移動床のあるマップでゴールを目指すゲームになります。
強制移動床

時間内にゴールできないと死ぬらしいですが、時間内にゴールできない人を見たことはないです。総当りで試して運悪く全部間違えるとかしない限り問題ないのではというくらいの時間的猶予はあります。

最短時間でゴールに着くとご褒美のバフが貰えます。
褒美

ある程度パターンがあるようですが、別に覚えておく必要はないです。とりあえず最初の移動方向はゴールから遠い方が正解とだけ覚えておけば良いと思います。毎回流砂の移動方向を見ながら考えて移動しても間に合います。

この他に特徴的なのは、頭割りの処理です。いきなり「かけっこ」の時間と言われて頭割りです。
頭割り

何が「かけっこ」なのかと言うと、セイレーン海のローレライみたいな強制移動を伴うからです。詠唱を見ると強制移動される方向がわかります。
マインドジャック

マインドジャックの完了時に向いていた方向を起点に強制移動させられるので、頭割りの対象者だけ違う方向を向いていた場合は1人だけ違う方向に走って行って死にます。
マインドジャック

1人で受けると90000ダメージくらいになるので耐えられません。
頭割り

このマインドジャック頭割りですが、CFだと割と真面目に死んだら蘇生が対処法です。

開発者が想定している正解は頭割り対象者が立ち止まるなりして向きを固定し、全員が頭割りの対象者と同じ方向を向くようにすることだと思いますが、頭割り対象者が向きを固定することはおろか、対象者と向きを合わせる人もあんまりいないのでCFだと下手に合わせようとすると自分と頭割り対象者で2人仲良く死ぬ可能性があります。

強いて言えば全員向き合わせなんてせずにボスに向かうのでボスの方を向いていれば1人で死ぬ可能性は低いです。

ハリカルナッソス戦のポイントは以上です。他にもいろいろありますが、範囲を見てから避ける系の話なので他は初見でも対処できると思います。
関連記事
コメント投稿
*
*