Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【攻略ルート】惨劇霊殿タムタラの墓所
2014年7月22日 23:21
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★攻略MAP
マップ

★攻略ルート詳細
タムタラハード(以下、タムタラH)では、鎖で繋がった敵を倒すと先に進めるポイントや、石棺を調べて現れた敵を倒しながら進むことになりますが、ルート自体は一本道な上、スルーできる敵もいないので、敵を殲滅しながら途中にある石棺を調べつつ進めばボスまで辿り着けます。以下では、進行上でポイントとなる点を紹介します。

●破れた手記

道中の至るところに落ちている破れた手記。
破れた手記

この手記は特に調べたりしなくても先に進むことができるので、初見の人もあんまりいなくなった今だとみんなスルーして進んで行きます。

初めてクエストで訪れる時は1個ずつ読みながら先に進んだ方が雰囲気も盛り上がって楽しめると思うので、今からタムタラHに初めて挑むという場合は掲示板で初見限定とか、初見なのでゆっくり進むPTとかで募集して行くと良いと思います。

CFだと手記は無視してみんなガンガン先に進んで行ってしまうので、落ち着いて読む時間はないかもしれません。

●鎖で繋がれた敵集団

道中では、何箇所か鎖で繋がれた敵がいます。
鎖で繋がれた敵

アムダ市街の最後の方でも似たような仕掛けがあったので初見でもわかると思いますが、鎖で繋がれた敵集団を全部倒すと封印が解除されて先に進めるようになります。

鎖で繋がれた敵の中で明らかにリーダー格っぽい奴は鎖で繋がった敵をすべて倒すまでダメージを与えることはできません。
鎖で繋がれた敵

一部の極蛮神戦と同じく、ダメージは0ですが敵視は入るので、タンクはダメージが通らないからと言って完全無視せず、しっかり敵視は稼ぎましょう。

●壺室(立会人リアヴィヌ戦)
立会人リアヴィヌ

壺室まで来ると、最初の中ボス、立会人リアヴィヌ戦になります。
立会人リアヴィヌにはスタンは効きません。

このボス戦のポイントは雑魚処理にありますが、普通の方法で処理するのは基本NGです。
雑魚が出現する前には、必ずランダムターゲットで1人に赤い球体3つのマーカーが付きます。
赤い球体

すると、出現した雑魚が赤い球体マーカーが付いた人に群がってきます。
雑魚

この雑魚を普通に攻撃して倒してしまうと、自爆技の自暴自棄で300程度のダメージ+被ダメージ上昇のデバフが1つスタックされます。
自暴自棄

最初に出現する4体くらいなら殲滅してしまってもいきなり全滅はしませんが、後半の大量沸きの時はそうもいきません。
雑魚大量

これも倒しまくってしまうと、被ダメージ上昇が大量スタックしてタンク以外はヒーラーがよっぽど頑張らないとまず死にます。
被ダメージ上昇

攻撃して倒すとダメなので、雑魚を放置してみるということを試せば大抵クリアできますが、この雑魚はリアヴィヌがやってくる範囲攻撃を巻き込むことでリアヴィヌに倒させることができます。

雑魚が出現すると、赤い球体のマーカーが付かなかった人からランダムターゲットで1人に矢尻のマーカーが付きます。
矢尻

これは、リアヴィヌの範囲攻撃の対象であることを表すので、赤い球体のマーカーの人と、矢尻のマーカーの人がお互いに近寄っていれば、リアヴィヌの範囲攻撃(ロッティングアロー)に雑魚を巻き込むことが可能です。
雑魚処理

リアヴィヌがロッティングアローで雑魚を倒す分には自暴自棄はやって来ないので、この方法で安全に雑魚を処理することができます。

雑魚が処理されずにしばらく時間が経過すると、リアヴィヌが全体攻撃の破れかぶれを使ってきますが、この破れかぶれが雑魚に当たって倒されても自暴自棄が発動するので、リアヴィヌが破れかぶれを使う前にしっかり矢尻のマーカーの人を対象にしたロッティングアローで雑魚を殲滅させましょう。

ILが十分高いPTや、赤い球体がヒーラー以外であれば全員リアヴィヌの近くで戦えば勝手に雑魚が集まってきて、勝手に雑魚がリアヴィヌの範囲攻撃で倒されていくので簡単です。

雑魚の中には、シリウスのセイレーン戦で出現した海兵のように地面を這う敵(ブライズメイド)がいます。
ブライズメイド

シリウス同様、こいつに足を掴まれると移動行動不能の道連れというデバフが付与されます。雑魚が大量に出現する後半は、倒されるまでに集中攻撃で3000くらいHPを削られたりすることもあるので、IL低めのヒーラーで参加する時は自分が狙われたら自分に鼓舞やストンスキンをかけておいた方が良いと思います。道連れの関係で回復連打で耐えるというわけにもいきません。

雑魚はヘイトを無視して赤い球体が付いた対象を狙ってくるので、タンクに助けてもらったりすることはできません。矢尻の人から離れない方が良いので、マラソンとかはしない方が良いと思います。

雑魚はかなり弱いので、フレイミングアローやシャドウフレアが出ていると、その継続ダメージで倒してしまうことがあるので、設置型のスキルを使う場合は出す場所には気を付けましょう。

●穢された石棺

壺室の先のエリアでは、穢された石棺というオブジェクトが配置された場所があります。
穢された石棺

調べるとアムダ市街のバールゼフォンと同型の敵(ダンタリオン)が出現し、すべて倒すと道中の封印が解除されて先に進めるようになります。

石棺は調べると3秒間何もできなくなる恐怖状態を付与されます。
穢された石棺

ダンタリオンは出現時にいきなりイナーデーモンという範囲攻撃をやって来ます。
イナーデーモン

ダンタリオンにはスタンが効きます。一応、恐怖状態になった人が素早くスタンで止めても間に合います。タンクが恐怖状態になると雑魚を集めたりヘイトを稼ぐのが遅れるので、混乱を避けつつできるだけ安全に進むなら石棺はタンク以外が調べた方が良いです。

●絶対王ガルヴァンスの墓(スペアボディ戦)

絶対王ガルヴァンスの墓では、2番目の中ボス戦になります。
突入時にはNPCが真ん中にいる状態でボスは見えません。
NPC

突入すると、奥にボスのスペアボディという小さいデュラハンが沸きます。
スペアボディ

スペアボディにスタンは効きません。
このボス戦は、NPCを守ることがポイントです。

まずはスペアボディの前方範囲攻撃に巻き込まないことが1つ。
前方範囲攻撃

2つ目はスペアボディがヘイト1位(通常はタンク)中心範囲で発生させるダメージ床に巻き込まないことです。
ダメージ床発生

この2点はタンクが気を付けていれば良い話ですが、最後の1つ、黒球処理は基本的にタンク以外で対処します。
スペアボディ戦では、戦闘開始からしばらくすると円周上に小さい黒球が出現します。
黒球

この小さい黒球は誰かが触れて爆発すると周囲に800~1200程度のダメージを発生させます。
スピリッツバースト

黒球は中央にいるNPCに向かって進んで行くので、NPCのところに到達する前に体当たりで破壊しましょう。
黒球破壊

スペアボディを引き連れて動き回ると危険なので、タンクはできるだけ外周沿いに位置取りした方が良いです。

小さい球を1発巻き込んだくらいならNPCは以下の画像くらいHPが残ります。
HP

後半になるとサイズの大きい球が出てきます。
大きい球

大きい黒球は出現後にすぐ破壊してギリギリNPCを巻き込まない程度の猶予しかなく、巻き込むとNPCのHPが3分の1くらい減ります。2発とも巻き込むとこんな感じです。
HP

大きい黒球は当たると2000~2500程度のダメージを受けるので、回復を待たずに1人で全部壊そうとしない方が良いです。張り切り過ぎるとNPCの前に自分が死んでしまいます。

NPCのHPが減ると、NPCから紫色のエネルギーがスペアボディに移動します。
エネルギー

NPCからエネルギーを受け取るとスペアボディはサイズが大きくなり、攻撃力も上がります。スペアボディが最大の大きさになると(回復していなければNPCが死ぬタイミングです)、30000ダメージのブラックネビュラが飛んできて強制全滅になります。
ブラックネビュラ

NPCは回復させることもできますが、結局スペアボディが大きくなってしまうことに変わりないので、意味はないです。
NPC回復

回復すると危険度合いがわかりにくくなるので、むしろ回復はしない方が良い気がします。
とりあえず、黒球さえしっかり処理していけば負けることはありません。

スペアボディを倒した後は普通に雑魚処理しながら進めばボスのところに到達できます。

ボス攻略はコチラ

★宝箱(LIBRA EORZEAより、素材と薬品は除く、確認済は私が確認できたもの)
場所中身確認済
立会人リアヴィヌの宝箱アテナヴァンブレイス
アテナサバトン
アポロンカフス
アポロンブーツ
アレスヴァンブレイス
デメテルクラコー
デメテルハーフグローブ
ヘラクレスブーツ
スペアボディの宝箱アテナイヤリング
アテナベルト
アポロンイヤリング
アポロンチョーカー
アポロンハット
アレスタセット
アレスヘルム
アレスリング
デメテルサークレット
デメテルリング
ハデスチョーカー
ハデスブレスレット
ハデスベルト
ハデスモノクル
ヘラクレスベルト
ボスの宝箱アテナブリーチ
アポロンシャツ
アレスブリーチ
デメテルローブ
ハデストンバン
ハデスローブ
ヘラクレスサルエル
ヘラクレスシャツ

タムタラHの宝箱からはパッチ2.3で追加された独自グラフィックのIL80防具が出ます。
関連記事
コメント投稿
*
*