Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【蛮神戦】極王モグル・モグXII世討滅戦
2014年7月2日 22:57
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
★極王モグル・モグXII世討滅戦
極王モグル・モグXII世

極王モグル・モグXII世討滅戦です。

善王の時と同様、王様と7体の家臣を相手にする蛮神戦です。
今回は最終的に全部倒さないとクリアできないようになっています。

●参加する前に・・・

平均IL90あれば問題ないと思います。先に極リヴァをクリアしてリヴァ武器を取ってくると良いと思います。ヒーラーでも普通に攻撃が当たるので、命中に関してはリヴァより遥かに緩めだと思います。

極王戦の前に善王戦の内容をおさらいしておくと良いです。7体の家臣の見分け方などと合わせてコチラを見てみてください。

●家臣出現まで

善王の時は家臣が順番に出現して、王様召喚という流れでしたが、今回は王様だけがいる状態で始まります。
極王モグル・モグXII世

ある程度HPを減らすと、王様にダメージが通らなくなり、家臣団が出現します。
家臣団

極ガルーダのスパチラを倒すまで無敵のガルーダと同じで、家臣をすべて倒すまで王様にダメージを与えることはできませんが、敵視は入ります。この極王のバフは家臣を殲滅すると切れます。
極王

善王戦の時は、MTが王様を持って剣と斧をSTが持ちましたが、今回は剣と斧をMTとSTがそれぞれ1体ずつ持って、王様のタゲ交換をする必要があります。剣モグと斧モグは善王の時はそれぞれ可視範囲攻撃を実行してきましたが、今回は範囲の見えない即時発動の前方範囲攻撃をやってきます。

剣モグがやってくるのは、1000程度のダメージとモグ闇過敏症のデバフを付与するライト・オブ・モグ。
ライト・オブ・モグ

斧モグがやってくるのは、1000程度のダメージとモグ光過敏症のデバフを付与するシャドー・オブ・モグです。
シャドー・オブ・モグ

モグ闇過敏症はシャドー・オブ・モグのダメージ上昇、モグ光過敏症はライト・オブ・モグのダメージ上昇の効果があり、それぞれデバフ付きの状態で受けると3500~4500程度のダメージになり、非常に危険です。
デバフありでの一撃

剣の攻撃で斧の一撃が強化、斧の攻撃で剣の一撃が強化される格好になるので、剣と斧は1人で両方持つことはできません。2人のタンクで1体ずつ持つようにしましょう。

●王様の通常行動

極王はランダムターゲットで森羅善王を放ってきます。当たると1000程度のダメージを受けます。
森羅善王

回避猶予がかなり長いので、通常は当たることはないと思います。

危険なのは1000モグズ・チャージです。善王の時より火力が大幅に落ちていますが、代わりにMPにもダメージを受けます。
チャージ

タンクが受けている分には問題ないですが、前方範囲攻撃なので王様のタゲ交換をする際などにヒーラーが巻き込まれると2000以上MPを失ってしまいます。
チャージ

ヒーラーで参加する場合は王様の動きに気を配り、巻き込まれないようにしましょう。タンクはヒーラーがいる位置にはできるだけ王様を向けないように気を付けましょう。

極王がやってくる攻撃は通常攻撃以外だと森羅善王と1000モグズ・チャージだけですが、極王は定期的に周囲の家臣に闘魂のバフを1スタック付与する「闘魂注入!」をやってきます。
闘魂注入!

闘魂のバフの効果は、与ダメージ上昇と回復量増加です。剣モグの通常攻撃の場合、闘魂なしの状態だと600程度、3スタックで1000程度、5スタックで1400程度、8スタックまで行くと1800程度まで上昇します。
大量スタック

このため、2人のタンクは相手が持っている剣と斧のバフが大量スタックする前に王様のヘイト1位をスイッチする必要があります。

●家臣達の倒し方

善王戦の場合は危険なモグから各個撃破する形で戦いましたが、極王戦で同じ戦い方をしてしまうと勝てません。極王は、いずれかの家臣が倒されるとすべての家臣を復活させ、HPを全回復するモグレス・オブリージュを使用してきます。
モグレス・オブリージュ

モグレス・オブリージュは、すべての家臣を完全回復させる代わりに、極王自身のHPが回復量分だけ減少するという副作用があります。なので、できるだけすべてのモグのHPを減らした状態でトドメを刺し、極王のHPを減らします。
均等削り

モグレス・オブリージュは2回まで発生します。2回目の回復が発生した後に家臣を倒すと、今度はメメント・モーグリの詠唱を開始します(セリフとか何もなしでいきなりメラメラし始めます)。
メメント・モーグリ

メメント・モーグリが発動すると、30000ダメージで強制全滅です。
メメント・モーグリ

家臣をすべて倒さないと極王のデバフが解除されず、王様にダメージを与えることができない上、メメント・モーグリの詠唱完了までに倒し切る必要があるので、モグレス・オブリージュで可能な限り多くのHPを減らすことと、3回目の家臣をできるだけ早く殲滅して極王への攻撃に移れるようにすることが重要です。

このため、極王戦は以下のようなフェーズ進行をすることになります。

順番フェーズ・流れ
1極王のみ、全員で極王を攻撃
2家臣出現後、すべての家臣のHPを均等に減らしてトドメを刺す
3モグレス・オブリージュで家臣全回復
4すべての家臣のHPを均等に減らしてトドメを刺す
5モグレス・オブリージュで家臣全回復
6モグルメテオ、中央に集まって回復
7すべての家臣のHPを均等に減らしてトドメを刺す
8メメント・モーグリ発動前に倒す

近接リミットブレイクが使える場合は、家臣を全滅させた後にファイナルヘヴンを極王に使うのが一般的です。近接DPSが不在の場合は代わりにメテオを使う形になります。

DPSで参加する場合の家臣のHPを減らす順番ですが、弓、詩人、シーフの3体を優先的に削り、3体削れたらタンクが持っている剣と斧を、最後に白と黒を削っていずれかにトドメを刺します。

白と黒を後回しにする理由は後述します。剣と斧は最初に減らしすぎるとタンク側が手出ししづらくなって困るので、ある程度タンク任せで構いません。攻撃する時は全員で畳み掛けると火力調整がしづらいので、タゲ合わせずにある程度バラバラで攻撃することが多いです。

どういうやり方でも良いので、倒さない程度に全部のモグのHPを減らしてからトドメを刺せばOKです。

●モグルメテオ

2回目のモグレス・オブリージュの後には、必ず極王がモグルメテオを使ってきます。
モグルメテオ

モグルメテオは何の軽減効果もない状態で受けると3800~4200程度のダメージになります(以下の画像はシュトルムヴィントがかかっています)。
モグルメテオ

モグルメテオの最中は極王をはじめ、すべてのモーグリが踊り出して攻撃して来なくなるので、全員中央に集まって回復を受けましょう。
モグルメテオ

2回目のモグレス・オブリージュの後にメテオなので、見逃さないように注意しましょう。範囲回復を受けられないと瀕死状態になるので非常に危ないです。


極王本体の特徴と、極王戦の戦い方は以上です。以下では、家臣と王様の連携技とその対処法について紹介します。

●家臣連携技

善王の時は王様の号令に合わせて鎖で繋がれた家臣が特殊な技を使用したり、倒された家臣の専用技を王様が使ったりという内容でしたが、今回は王様が家臣の連携を指示してきます。
家臣連携

家臣連携技は以下の6種類あります。
家臣連携技
デルタアタック
毒沼+有頂天+レイン
モグリーゴーランド+ホーリー
モーグリ応援歌+レイン
1000モグズ・スワイプ
ポンポンメテオ

各連携技の特徴と対処法を以下で紹介します。

●デルタアタック

極王の連携合図の後、詩人・シーフ・弓モグの3体がエリア内に三角形を作るように移動し、攻撃判定が発生するデルタアタック。
デルタアタック

この範囲は表示された時に中心付近にいた場合は回避できないほど速いです。
デルタアタック

当たると4000近いダメージになるので、HPが減っていれば即死します。

デルタアタックは非常に強力ですが、予備動作があるので避けるのは簡単です。王様の連携合図のメッセージが見えたら中央から離れるようにすれば必ず避けられます。
家臣連携

●毒沼+有頂天+レイン

家臣連携技の中で一番被害が大きくなるのがこれです。善王の時と同じく剣モグから近い順に3人が有頂天にされます。
有頂天

パッチ2.15で修正されて効果時間が短くなった善王の有頂天と違って効果時間が18秒と長いので、エスナや生命浄化法で素早く有頂天状態を治さないと捕まった3人は毒沼で死にます。
毒沼

同時に弓モグのモグレイン・オブ・デスも来ます。これは弓モグに闘魂がかかっていなければ2000~3000ダメージになります。善王の時と同じでお互いに距離を取れば複数Hitしないので死にはしません。
毒沼

善王の時と同じくヒーラーが2人とも捕まってしまうと終わるので、ある程度立ち位置がフリーな遠隔DPSが剣モグの近くで囮になると良いです。鎖で繋がった場合は、剣モグの足元に毒沼が出るので、なるべく剣モグから遠くに走ると良いです(できればヒーラーのいる方へ)。

ヒーラーは自分が捕まってしまった場合は、鎖が消える直前に自分にエスナや生命浄化法を詠唱開始し、有頂天のデバフが付いた直後に詠唱完了するようにすると、自分で自分の有頂天を解除できます。
自己回復

タイミングは結構シビアですが、捕まってしまったら積極的に狙うと良いです。

●モグリーゴーランド+ホーリー

今回のモグリーゴーランドは、条件付きの即死技になっています。発生時に黒モグがランダムで2人に付与してくるモグルグルのデバフがその条件です。
モグルグル

モグルグルが付いた状態でモグリーゴーランドを受けると、6000以上のダメージになってタンク以外は即死です。デバフなしの状態だと300~500程度で済みます。
モグリーゴーランド

黒モグのポンポンフレアと重なるとモグリーゴーランドの着弾直前にモグルグルを付けられてエスナや生命浄化法がそもそも間に合わないという詰み状況に陥りますが、これは運が悪かったと諦めるしかないです。

モグリーゴーランドはモグルグルをヒーラーがしっかりエスナや生命浄化法で解除していれば無害ですが、厄介なのはモグルグルのアイコンです。以下の画像の左がモグルグルで、右はモグ光過敏症のアイコンです。
アイコン

UI担当出てこいと言いたくなるくらい紛らわしいので、タンクで行くと結構な人数が間違えてモグ光過敏症のタンクにエスナ・生命浄化法をかけて来ます。私もヒーラーで行くと結構間違えます。

モグルグルは1人で対応するとギリギリ2人分解除できる程度しか猶予がないので、2人で協力して解除しないと間違えた時に死者が出ます。タンクに付いているアイコンが1個だけの時はモグ光過敏症の方なので、間違えないように気を付けましょう。

モグリーゴーランドはこれだけでOKですが、モグリーゴーランドの範囲が表示された時、こっそり白モグがポンポンホーリーの詠唱を開始しています。
ポンポンホーリー

モグビネーションの効果でスタンや沈黙は無効ですが、このポンポンホーリーは詠唱中に白モグのHPをある程度減らすと止めることができます。モグリーゴーランド範囲が見えたらDPSは全速力で白モグを攻撃して詠唱を止めましょう。
ポンポンホーリー

HPを減らす順番で白モグを後の方にした方がいいのはこのためです。先に削ってしまうとモグリーゴーランドが来た時に倒さざるを得なくなってクリアできなくなります。

ポンポンホーリーは止めるのに失敗するとPT全体に4500~6000程度のダメージになるのでタンク以外は即死します。
ポンポンホーリー

ヒーラーがモグルグルを治している間にDPSは白モグを攻撃して詠唱を止めましょう。

●モーグリ応援歌+レイン

剣斧シーフの3体が赤い球体に包まれ、☆が舞うエフェクトとともにダメージ上昇のバフがかかるモーグリ応援歌。
モーグリ応援歌

このモーグリ応援歌がかかると、ダメージ上昇だけでなく、剣モグと斧モグのヘイト1位がヒーラーになります。ちょうどヒーラーが剣モグ斧モグに挑発を使ったような状態になります。
ヘイト

モーグリ応援歌の対処法はタンクが素早くヘイト1位を取り戻す以外ありません。白魔道士の場合は女神の加護が使える状態なら、女神の加護を使うことでも対処できますが、使えないこともあるので基本はタンク側で対処します。

赤い球体と☆のエフェクトを見たらタンクは素早く自分の持っているモグのヘイトを稼げばOKです。モーグリ応援歌の時は同時にランダムで3人にモグレイン・オブ・デスが来ます。マーカー付いた人同士が距離を取ればOKです。
レイン

●1000モグズ・スワイプ

1000モグズ・スワイプが来る時は、号令の後に対象にマーカーが付きます。
マーカー

剣モグと斧モグから扇型の範囲が出るので、マーカーを付けられたらできるだけ邪魔にならないところに範囲を出させると良いです。
スワイプ

範囲が見えた時に中心にいても回避できる程度の猶予があるので、よそ見していなければ避けられると思います。闘魂が大量スタックしていなければ当たっても死ぬほど痛くはありません。

●ポンポンメテオ

ランダムで選ばれた4人の足元に円形範囲が2連続で発生するポンポンメテオ。
ポンポンメテオ

これは単に走って避けるのみです。
当たると2500~3000程度のダメージになります。

連携技については以上ですが、黒モグとシーフモグの通常技も要注意です。

●ポンポンフレア

善王の時からお馴染みですが、黒モグは通常は攻撃して来ないでマップ上を漂っています。
黒モグ

ポンポンフレアが詠唱されると、マップ内に非常に大きな円形範囲が出現します。
黒モグ

ポンポンフレアを止める方法は白モグのホーリーを止めるのと同じで、詠唱中にHPを減らすことです。
黒モグ

止めるのに失敗するとタンク以外全員死にます。
黒モグ

詩人モグのダメージ上昇や闘魂がなければ生き残れる可能性もありますが、止めないでクリアするのはまず無理なので、DPS総出で止めましょう。このポンポンフレアを止める関係上、黒モグもHPを減らすのは後回しにします。

●不意打ちクポ

シーフモグは背面から攻撃した時に大きなダメージ与える不意打ちクポをタンク以外からランダムターゲットで実行してきます。
シーフ

これは背面で受けなければ大したダメージにならないので、できるだけシーフモグに背中を向けない立ち位置で戦いましょう。執拗に背面を狙ってきたりはしないので、シーフモグを正面に見据えて戦えば大丈夫です。シーフモグは闘魂がかかっていることが多いので、大量スタックしている時は不意打ちクポで即死することもあります。

●メメント・モーグリ(時間切れ)

タイタンやリヴァイアサンと同様、モグも時間切れがあります。極王は戦闘開始から10分経過すると家臣の状態に関係なくメメント・モーグリの詠唱を開始します。こうなったら、後はもう何とか倒し切る以外ありません。


全ロール共通の内容は以上です。いろいろありますが、各ロールで見ればやることはそれほど多くないので、慣れれば極シリーズの中でもかなり簡単です。

タンク向けの補足記事はコチラです。

●練習PT

タンクは王様のスイッチとヘイト1位がヒーラーと入れ替わった時の対応、ヒーラーは有頂天やモグルグル、モグルメテオの対応を、DPSは家臣の削り調整と白モグ・黒モグの詠唱を止めることを意識して練習すると良いです。

各ロールがしっかりやることを理解していれば極モグは結構簡単なので、練習PTでクリアすることも多いのではと思います。

●宝箱

極王戦をクリアすると、IL100の首輪(リボン)が出ます。

極王戦は最初はどこで何が起きているのかわけがわからないと思いますが、わかってくれば結構簡単です。個人的には修正前の善王の方が難しかったのではと思います。
関連記事
コメント投稿
*
*