Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter! Encounter!
【ナイト・戦士】究極幻想アルテマウェポン破壊作戦にタンクで参加する場合のポイント
2014年2月4日 01:22
登録タグ・カテゴリ:
共有する:
●タンクスイッチ

以下はアルテマウェポン戦のタンクスイッチのポイントです。

●交代のタイミング
アルテマウェポンは吸着爆雷のデバフがあるので、これが5スタックになる前にメインタンクを交代する必要があります。
吸着爆雷

特に打ち合わせなしだとスタック3で交代が一般的です。
吸着爆雷

3で交代するのは2までだとデバフの回復が間に合わない時があるのと、4だと交代が遅れると5になって死ぬので危ないのが理由です。

●交代時の注意点(スイッチする側)
交代する時はアルテマの正面に移動してから挑発を使いましょう。
挑発

側面から挑発を使用すると前方範囲攻撃に味方を巻き込む可能性がある上、スイッチされる側も交代のタイミングがわかりにくくなってしまうので、メインタンクのいる正面にまず移動しましょう。挑発後は素早く敵視コンボを入れるのみです。

スイッチする側が交代操作の上で気を付けるのは、魔導ビットが出現している時に間違って外周ビットに挑発を撃たないようにすることです。デバフ3からの交代なら慌てなくても十分猶予はあるので、しっかりアルテマをターゲットして挑発しましょう。

ナイトの場合、メインタンク時だけ忠義の盾でそれ以外は忠義の剣にすると良いですが、忠義の切り替えをする場合はタンクスイッチの時に忠義の盾を入れ忘れないように気を付けましょう。頻繁に忘れてしまうようなら常時忠義の盾にしておいた方が良いです。

戦士の場合は自分が最初でなければ最初はディフェンダーなしでスタートして、相手のデバフが2になったらディフェンダーを入れて以降はずっとディフェンダーでOKです。

●交代時の注意点(スイッチされる側)
スイッチされる側の注意点は、相手が挑発を入れた後に敵視コンボを撃たないことです。何も考えずに敵視コンボを回しているとうっかり撃ってしまうことがあるので、デバフ3になった時点でもう敵視コンボ入れるのはやめて、ナイトならライオットコンボ、戦士ならメイムルートのコンボを回すようにしておけばうっかりハルオとかうっかりボーラは防げます。

相手が交代しに来たら、何もしないでヘイト2位になるのを待ちましょう。
敵対リスト

ナイトならこの時に相方にストンスキンをかける等してお茶を濁すと良いです。
戦士の場合は相方がヘイトを稼ぐまでしばらく何もしないで待ちましょう。

ヘイト2位になったら、速やかにアルテマの正面から離れればOKです。

●交代してはいけないタイミング
魔導レーザー3回の後の吸着式エーテル爆雷の後に拡散レーザーが来るので、後半はデバフ3になったからと言ってすぐ交代しに行くのはNGです。拡散レーザーが来る時は拡散レーザーの着弾を確認してから正面に移動して交代しましょう。

飛空艇落下で拡散レーザーが後回しになるとしばらくデバフ3のまま交代を待つことになりますが、慌てて飛空艇落下中に交代しに行ったりしてはいけません。しっかり、飛空艇落下後の拡散レーザーまで待ちましょう。

外周ビットフェーズの飛空艇落下中の交代はヒーラー側が対応できなくなったりすることもあるので、拡散レーザーに関わらず交代は避けた方が良いです。
飛空艇落下

ただ、相方が飛空艇落下中に交代しようとして挑発を入れてしまった場合は速やかに交代するしかありません。交代しない方が良いタイミングだからと言って交代拒否して退かないと拡散レーザーを2人で受けたりして確実にグダるので、どんな状況でも相方が挑発をしたらすぐ交代しましょう。

●交代しなくても良いタイミング
エーテル波動を処理している間のアルテマウェポンは通常攻撃しかやって来ないので、ノックバックされた時にデバフ3になっていても、慌てて玉処理中に交代する必要はありません。玉処理が終わってから交代しましょう。

アルテマウェポンのタンクスイッチで注意すべき点は以上です。交代した後はメインタンクのヘイトを追い抜かないように、メインタンクは追い抜かれないように気を付けながらコンボ回していきましょう。

以下では、タンクスイッチ以外のポイントを紹介します。

●蛮神フェーズ
蛮神フェーズ

戦闘開始時の立ち位置で気を付ける点は、アルテマウェポンを外周に向けて自分は外周サラミを避けられるように外周に立ちすぎないことです。蛮神フェーズで外周上に立つと外周サラミを避けられないので、立ち位置の注意点はそれだけです。

序盤のミストラルソングはアルテマの背後に回って南にノックバックされないと避けられないパターンがあります。
避けられない時

この場合、南にノックバックされるよりは防御スキル入れて耐える方が良いと思います。普通に避けられる時は避けましょう。

●十字型エーテル波動(4玉)
十字エーテル玉

エーテル波動の時はサブタンクならタンク以外のメンバーとやることは変わりません。十字型の時にメインタンクが気を付けるのは、北に出現する玉に当たらないことです。アルテマが真北に固定されていると、こんな感じでメインタンクの目の前に玉が出てきます。
エーテル玉

エーテル波動の時はヒーラーもタンクを気にしていないことがあるので、うっかり1人で割ると死んでしまいます。エーテル波動で注意するのはこれだけです。

●拡散レーザー(十字型エーテル終了後)
拡散レーザー

エーテル玉を処理すると拡散レーザーを撃つパターンが追加されるので、拡散レーザー前に防御スキルを使用します。アルテマウェポンの攻撃はすべて魔法属性なので、ナイトの場合はランパートとセンチネル、戦士の場合はヴェンジェンスと原初の魂が被ダメージを下げる手段になります。

アルテマウェポンの行動パターンは各ロール共通に記載の通りですが、拡散レーザーは3連続魔導レーザーの後です。
魔導レーザー

ナイトの場合は、アルテマウェポンが魔導レーザーを撃ち始めたら自分にストンスキンを入れて、魔導レーザーが終わったらランパート、もしくはセンチネルを使います。以降は拡散レーザー後のHP回復が終わるまで自分にストンスキン連打してればOKです。詠唱中断もあるのでとにかく連打です。
エーテル玉

ランパートとセンチネルが両方使えない時は、魔導レーザー後の吸着式エーテル爆雷を受けたタイミングでコンバレセンスを入れましょう。ストンスキンで減ったMPは交代のタイミングからサブタンクの時までにライオットコンボを使って回復すればOKです。また、ナイトの場合は相方が戦士や自分でストンスキンを使わないナイトだった場合はサブタンクの時に相方にストンスキンを入れてあげましょう。

ストンスキンは例えば自分のHPが6000あれば、MPさえあればいくらでも使えるダメージ600軽減のバリアになるので、魔導レーザー後から連打しておけば通常攻撃や吸着式エーテル爆雷のダメージも含めて数千ダメージ軽減できるので、非常に効果が高いです。

戦士の場合、シュトルムヴィントのデバフを維持した上で魔導レーザー後の吸着式エーテル爆雷に合わせて原初の魂を入れればOKです。HPの減りが大きい時は追加でコンバレセンスを使いましょう。
エーテル玉

吸着式エーテル爆雷の後に魔導フレアや飛空艇落下、エーテル波動が割り込むと拡散レーザーが割り込んだ行動の後にずれ込むので、そうなった時は直ちにウォークライを使ってラースVに戻しておいて、魔導フレアや飛空艇落下なら着弾直前に合わせて原初の魂を入れます。エーテル波動の時は玉処理が終了する直前のタイミングで原初の魂を撃ちましょう。

拡散レーザー対策は戦士でもナイトでも問題なくやれます。しっかり理解して動けばナイトでも戦士でもタンク側が理由で拡散レーザーで危なくなるということはないです。

●外周ビットフェーズ
外周ビットフェーズ

アルテマウェポンで最も激しい攻撃を受けるのは外周ビットフェーズです。ここを如何に乗り切るかがアルテマウェポン戦の肝です。

まず重要なのはアサルトカノンを踏まないことと、飛空艇落下を爆心地で食らわないことです。アサルトカノンを踏みまくったり、飛空艇落下を爆心地で受けるようだと他で何やっても死ぬのでお話にならなくなります。横着しないでアサルトカノンはしっかり避けて、飛空艇落下は爆心地から離れましょう。

外周ビットフェーズで危険なのは、飛空艇落下の前後が魔導フレアになるパターンと、飛空艇落下の直後が拡散レーザーになるパターンですが、タンクの場合はとにかく自分のHPと拡散レーザーのタイミングに気を配ればOKです。

ナイトの場合は、外周ビット出現後に魔導フレアの詠唱が見えたらセンチネル、またはランパートを使用し、飛空艇落下が見えたらインビンシブルを使えばいいだけです。HPが減ってきたらコンバレセンスを入れて、それ以外はアサルトカノン避けながら自分にストンスキン以外の行動は特にする必要はないです。

しっかり防御スキル使って外周ビット中は常時ストンスキンになるように連打していればまず自分のせいで落ちることはないです。他の防御スキルもそうなのですが、インビンシブルは使用してから無敵が発生するまで若干タイムラグがあり、使うのが遅すぎるとダメージが入ってしまうので、早めに使うことだけ気を付けましょう。

戦士の場合はシュトルムヴィントを維持し続けた上で、外周ビット出現後に魔導フレアや飛空艇落下が見えたらヴェンジェンスを使用します。最初に来た方にヴェンジェンス、次に来た方には原初の魂を使い、ウォークライを入れてラースVに戻します。

後は通常の拡散レーザー対策と同じタイミングで原初の魂を使うこと、HP4000を下回るようならスリル・オブ・バトル、コンバレセンスを使用することです。Additionalで内丹を持ってくれば、バーサク・発勁・ブラッドバスを入れた上で内丹を使ってコンボ回すことでかなり自己回復できるので、戦士の場合もナイトよりかなり忙しいですが、しっかりやればまず自分のせいで落ちることはないです。

●リミットブレイク

アルテマウェポンでは、3回目の菱型エーテル波動に合わせてタンクがリミットブレイクを使います。リミットブレイクを使うタイミングはエーテル波動の詠唱が半分を過ぎたタイミングです。70%ほどで発動できれば一番良いです。
詠唱

よく見かける失敗パターンは、2回目のエーテル波動で間違ってリミットブレイクを使ってしまうパターン、魔導フレアにリミットブレイクを使ってしまうパターン、リミットブレイクを使わないパターンの3つです。

使うタイミングは、外周ビットの後のエーテル波動と覚えておくと良いです。何回目という覚え方だとうっかりやってしまいますが、一番苦しい外周ビットを乗り越えた後だと覚えておけばまず間違えないはずです。

エーテル波動は詠唱が長いので、詠唱見てから慌ててリミットブレイクを押さなくても大丈夫です。反射神経は不要なので落ち着いて魔導フレアとエーテル波動を見分けましょう。

リミットブレイクを使わないパターンは単に相手が使うだろうと思ってやる気がないか、使うのを忘れているパターンです。リミットブレイクは2人の実行が被っても片方が無効になるだけでデメリットはないので、メインタンクだろうがサブタンクだろうが使うタイミングが来たら問答無用で発動が最善策です。


アルテマウェポン戦のタンクは特に難しい操作もなく、それでいて色々なことができるのでなかなか楽しいです。また、アルテマウェポンは魔法攻撃のみで盾のブロックが発生しない敵なので、ナイトと戦士の差は他の敵ほど大きくないように感じます。拡散レーザーに原初の魂を合わせることができないと戦士は微妙感が出てしまいますが、しっかり動けばアルテマウェポンはナイトと戦士、どちらでも同じくらい安定します。
関連記事
最新コメント
戦士
メインを戦士でやっていますが、分かりやすい説明で非常に役に立ちました。大変だと思いますが、極蛮神戦の説明もよろしくお願いします。
2014年3月8日 18:49
コメント投稿
*
*